お宮参りで悩んだ事と、北海道神宮でのお宮参りレポ。授乳室完備でオススメ☆

北海道神宮のお宮参り記念品 育児

こんにちは、とりです(・∀・)

赤ちゃんが産まれたら行く「お宮参り」。

でも、いざ行こう!と思っても

  • 生後一ヶ月?それとも百日?
  • 赤ちゃんと親の服装は?費用は?
  • 神社での授乳やオムツ替えは?

という疑問だらけでした。

我が家は札幌にある北海道神宮にお宮参りに行ったのですが、北海道神宮は設備が整っていて、赤ちゃん連れでも行きやすい神社でしたよ!

この記事では、お宮参りについて自分がわからなくて悩んだことと、北海道神宮でのお宮参りの流れや設備などについて、ご紹介したいと思います(・∀・)

お宮参りの疑問点

お宮参り(初宮参り)の時期は、生後1ヶ月 or 100日?

お宮参りは一般的に生後30日頃だそうですね。でも、うちの子の生後一ヶ月はまだ真冬でした。

真冬の北海道で、生後一ヶ月の赤ちゃんを連れてお参りに行くのは辛いし、足元も滑るので怖い…。

色々聞いてみると、北海道で冬生まれの場合は、春になってからお宮参りに行くのがスタンダードのようでした(^^)

なので、我が家は生後100日過ぎに行くことにしました。

ちなみに、東京の友人も生後百日の時にお宮参りに行っていましたよ。

生後一ヶ月なんて、赤ちゃんはもちろん、お母さんもまだ体がしんどい時期なので、無理のない時期に行けばいいのかなと思います☆

赤ちゃんの服装は?着物はどこでレンタルする?

赤ちゃんの服装は、一般的には祝い着(着物)ですよね。

あとはセレモニードレスがあればそれも良いと思います。

こういうやつ。

うちはドレスを買わなかったので、写真スタジオでレンタルすることにしました。

うちがお願いしたスタジオは、撮影時に着た着物を、当日のみ無料で貸してもらうことができました(^^)

着物の下は普通の白いロンパースにしました。着物の下にセレモニードレスを着るのが一般的なのかな?でも着物を着てしまえば、中はどうせ見えないので(笑)

着物用のスタイも貸してくれました(・∀・)

ちなみに、普段着で来ているご家族もいましたし、カジュアルな服装でも大丈夫です(^^)v

着物を汚してしまわないか心配…

うちの子は、ウンチがオムツから漏れてしまう事件が多発していたので、お借りした着物を汚してしまわないか心配でした(>_<)

もし汚してしまった場合はクリーニング代が発生するとのことでした。

でも、着物は上からかけるだけで、赤ちゃんのお尻付近には当たらないので、もしモレても大丈夫そうでした(^^)

ちなみにスタイは「どれだけよだれがついても大丈夫」とのことでした(笑)

親の服装は?

自分の服装でも悩みました。

着物は検討しませんでしたが、ワンピースにするか、スーツにするか。

妊娠中に法事があって、授乳口つきのマタニティワンピース(黒)を買っていたので、結局それを着ました。

せっかくのハレの日なのに黒い服はどうかな?と悩んだのですが、どうせ赤ちゃんを抱っこして一緒に着物を着る感じになるので、自分の服はほとんど見えませんでした(笑)

あと、黒い服だと娘の赤い着物が映えたので、結果的に良かったです。

夫は普通のスーツでした。

神社でご祈祷を受ける場合の費用

神社でご祈祷を受ける場合は「初穂料」というのを納めるのですが、5000円が一般的ですかね(・∀・)

北海道神宮では5000円か1万円でした。

うちは5000円にしました。

本当は、のし袋に「初穂料」って書いて持っていくのが丁寧だと思うのですが、用意を忘れていて、現金そのまま出しちゃいました(((^^;

しかもお釣りまでもらうという(滝汗)

写真館で撮影・お宮参り・お食い初め。全て1日は無理?

最初は、

写真館で撮影

お宮参り

お食い初め

を、1日でやろうと考えてました。

でもそれだけ詰め込むはキツイなぁと考え直し、生後100日にお食い初めを行い、後日あらためて写真撮影&お宮参りにしました。

全部1日でやった友人もいるので、無理ではないと思いますが、疲れるかも(^o^;

もし1日でやるなら、「お食い初めプラン」をやっている料亭・レストラン・ホテルを利用するのがおすすめです!

お宮参り当日の流れや気になる点

午前:百日記念にスタジオで写真撮影

当日はまず10時に、予約していた写真スタジオに行きました。

衣装決め~撮影~商品選び(アルバムの種類とか)&写真の確認で、所要時間は2時間ほど。

家族写真も撮ってくれました。(なので、それなりの服装で行く方が良いかと!)

レンタルの着物はトートバッグに入れて渡してくれて、着物の着方を口頭で簡単に説明してくれました。

特に難しいことはなく、横抱きで抱っこして、着物を上からかけて、帯を親の首の後ろで結ぶだけです。

パパでもママでも、右腕でも左腕も、どちらでも良いそうです(・∀・)

撮影後は一旦帰宅して、昼食&授乳しました。

午後:北海道神宮でのお宮参り

午後、お宮参りに出発しました。

車2台での駐車料金

義両親も来てくれるとのことで、北海道神宮の駐車場で合流しました。

ご祈祷を受ける場合は駐車料金が無料になります。

うちの車と義両親の車、2台とも無料にしてくれました(^^)

ベビーカーや抱っこひもはいるか?

その時はまだベビーカーを買っていなかったので、抱っこひもを持って行きました。

赤ちゃん連れの時ってやたら大荷物になりますよね~。

オムツ関係や予備の着替え、寒かったので上着、レンタルした着物、などなど。帰りはそれに記念品が追加されます。

なので、ベビーカーがあった方が便利かもしれません。

ただ、途中少し砂利の上を歩かないといけないところもあるので、そこだけベビーカーを持って運ぶことになっちゃいますが(^o^;

抱っこひもは、着脱に慣れていれば良いかもしれませんが、当時まだ首がちゃんとすわっておらず、着脱にも慣れていなかったので、使いませんでした。

義両親が荷物を持ってくれたので、助かりました(・∀・)

授乳室やオムツ交換台完備!

受付を済ませたら待合室(広い!)で待つのですが、そこにはベビールームがありました。

おむつ交換台はもちろん、カーテンで仕切られた個室の授乳室も3つありました!助かるー!

ホテルみたいにキレイでしたよ☆

給湯室もあったので、ミルクの場合はお湯をもらえると思います。

その日は寒かったのですが、待合室の中は暖かかったです(^^)

待合室で着物を着て、時間までしばし待機。疲れるので着物は直前に着た方がいいかも(>_<)
一度つけちゃったら、ずっと横抱きで抱っこしっぱなしになるので。

ご祈祷の所要時間など

ご祈祷は30分に1回行われていました。

受付が済んだら、次の回の開始まで待ちます。

ご祈祷はおごそかな雰囲気なので、赤ちゃんが泣きださないかヒヤヒヤ(^o^;

案の定すぐにグズりだしたので、隅っこに移動してユラユラしてました。

ご祈祷は赤ちゃんのお宮参りだけでなく、厄払いの方(?)なども一緒でした。

所用時間は20分くらいだったかな?

平日なので空いていましたが、もし人数が多かったらもっと時間かかるかもしれません。

最後に記念品をいただいて終了です。

無料で写真撮影してもらえます!

北海道神宮には写真館が併設されているのですが、ご祈祷を受けた人は、撮影料無料で写真を撮ってもらえます(^^)v

(ただし、台紙代と送料で1300円かかる)

この写真館で衣装を借りることもできるそうなのですが、無料の撮影だけの人はどうなんだろう?

普段着で来ていたご家族は、普段着で撮影していました。

撮ってもらった写真は後日郵送してくれます。

昔ながらのタイプで、思いのほか立派な写真でした!

北海道神宮のお宮参り無料写真

1300円でこれはお得なのではと思います(^^)

北海道神宮限定の六花亭のお菓子「判官さま」がおすすめ!

うちは撮影が終わったらすぐ帰りましたが、余裕があったら敷地内にある六花亭で「判官さま」っていうお菓子を食べるのがおすすめです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

アンコの入ったお餅なのですが、ここでしか買えないんですよね。

焼きたてで美味しいです☆無料でお茶もいただけます。

まぁ、赤ちゃん連れだとゆっくりお茶飲む余裕ないかもしれませんが(^o^;

記念品の中身

記念品の中身は、お神酒、お札、お守り、昆布、お食い初め用のお箸が入ってました。

北海道神宮のお宮参り記念品

うちはお宮参りの前に、別日程でお食い初めを済ませていたので、お箸の出番がない!(笑)

お札とお食い初め用のお箸は、ブックシェルフに飾ってみました。

北海道神宮のお札

「お宮参り」というと格式高いイベントな感じがして、必要以上に色々悩んでしまいましたが、自分たちにあったスタイルで行えば良いのかなと思います☆

以上、お宮参りの疑問点や、北海道神宮でのお宮参りについてでしたー(^O^)/

コメント

  1. 匿名 より:

    ご無沙汰しております!まろすけです(^^)
    北海道の冬生まれだと、確かにお宮参りは大変ですね!
    実は、まろすけ家にも7月に新しい家族が増える予定です(笑)
    育児に関するブログも参考にさせてもらいます(*´∇`)

    • とり とり より:

      まろすけさん、お久しぶりですヾ(@°▽°@)ノ

      ご懐妊おめでとうございますо(ж>▽<)y ☆
      7月まであと少しですね~!
      動くのがつらくなってくる時期だと思いますが、ご自愛くださいね☆

      育児ネタ、何か思いついたらまた書いてみます(^^)v