7.全館冷房のメリットとデメリット

全館冷房のメリット・デメリット

家中を除湿し、サラッと快適な空間にできる「全館冷房」。

デメリットもありますが、実現できればメリットはかなり大きいです。

一条工務店の家は全館床暖房で、冬でも春のような快適さ。

それを冬だけでなく、一年中快適にできます。

この記事では、エアコンによる全館冷房のメリットとデメリットをご紹介します。

エアコン全館冷房の概要を知りたい方はこちら→エアコン全館冷房とは

スポンサーリンク

全館冷房のメリット

梅雨や夏のジメジメした時期でも快適に過ごせる

エアコン全館冷房というと「家全体を涼しくする」というイメージですが、「家全体を除湿する」のがメインです。

梅雨や夏のジメジメした時期でも、湿度を60%以下に抑えられます。

それによって体感的に快適なのはもちろんのこと、カビやダニの発生を抑えられます。

全館冷房は、人間と住宅両方の健康に良いです。

詳細はこちらもご覧ください。

1.「夏に快適な家」の条件と、快適な家で暮らすメリット
高気密高断熱住宅は冬暖かくて快適ですが、夏の快適性に欠けます。夏に快適な家の条件とは、家中の湿度が60%以下に抑えられていること。それによって快適なだけでなく、様々なメリットがあります。

全館冷房を実現することで、一条工務店の「さらぽか空調」を搭載した家と、ほぼ同じ環境を手に入れることができます。

3.「全館さらぽか空調」とは?
一条工務店の「全館さらぽか空調」とはどんな設備なのでしょうか。さらぽか=床冷房というイメージが強いですが、床冷房はオマケみたいなもの。大事なのはデシカント換気システムによる全館除湿です。さらぽかがどのような設備なのか、この記事で解説しています。

エアコンがカビない

エアコンがカビない

エアコンはつけたり消したりすると、内部の結露がカビて、業者によるクリーニングが必要になってしまいます。

でも24時間全館冷房なら、エアコンをつけっぱなしなのでカビません。

もしエアコンにカビが発生したまま使用を続けていると、喘息やアレルギーの原因に。

そのため、エアコンクリーニングは必須ですが、費用が1台につき1~2万円ほどかかります。

もしエアコンを1部屋に1台設置して、毎年全部クリーニングするとしたら、数万~10万円もの出費に!

しかしエアコン全館冷房なら、高いお金を払って業者にクリーニングを依頼する必要がなくなります。

夜も寝苦しくない

寝苦しくなく、ぐっすり眠れる

近年は夜でも暑い日が多いので、エアコンがないと寝られませんよねY(>_<、)Y

でも、体が冷えてだるくなるから、寝る時はエアコンをつけたくないという方も多いと思います。

全館冷房を実践した場合、寝る時に風があたる場所にはエアコンを設置しないので、冷風を浴びることがありません。

非常に快適な環境で寝られますヾ(@°▽°@)ノ

睡眠の質が良くなり、夏バテしにくくなりますよ!

電気代はそこまで高くない

お財布に優しい

24時間エアコンをつけっぱなしだと「電気代がかなりの高額になるのでは?」と気になりますよね。

一条工務店のような高気密高断熱住宅の場合、24時間エアコンをつけっぱなしにしても、電気代はそれほど高くなりません。

うちは北海道なので、道外の方の参考にはならないかもしれませんが、

  • エアコンを全く使わない時期→9000円
  • 全館冷房で過ごした8月→16000円

でした。

※太陽光の余剰売電は無し

いくら北海道といえど、7月8月に全くエアコンを使わないと暑いです…

普通に30℃超えます。

それでもエアコンの普及率が低く、暑い暑い言いながら過ごす人が多いです。

そんな中、24時間快適に過ごして16000円なら、費用対効果は高いのかなーと感じます(・∀・)

設備費を削減できる

エアコン全館冷房は、一番コスパの良い方法です。

他の方式と比較してみましょう。

必要な設備 金額の目安
従来の1部屋1台エアコン エアコン4台~ 40万円~
エアコン全館冷房 エアコン1~2台 10~25万円
さらぽか空調 さらぽか空調導入費用 50万前後(坪数や契約時期による)
エアコン1~2台 10~25万円

エアコン全館冷房は、小型エアコン1~2台でOK!

ちなみに、1階に1台だけエアコンを設置するパターンの方も多いです。うちもそうでした。

でも皆さん、こぞって「2階が暑い!」と言い、エアコンの追加工事を検討されます。うちも(以下略)

スポンサーリンク

全館冷房のデメリット

エアコン全館冷房のデメリットは、主に「難しい」ところです(;´▽`A“

自分でコントロールする必要がある

さらぽか空調なら、何も考えなくても機械が勝手に湿度をコントロールしてくれます。

一方、エアコン全館冷房の場合。

温湿度計を見ながら自分でエアコンの設定を変え、コントロールする必要があります。

そのためにはある程度の知識が必要で、それなりに勉強しなきゃいけないのがネックですね(´・ω・`)

とは言っても、梅雨時など気温は低くて湿度が高い時期は難しいですが、真夏の暑い時期だと、案外簡単に実現できるかと思います。

暑い時期になってしまえば、こまめに温湿度計を見てコントロールする必要もなくなります。

我が家も最初は手惑いましたが、色々試して経験を積んでいくと、上手くいくようになりましたヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

エアコンの近くは寒くなる

全館冷房用のエアコンは設定温度を23~24℃にするので、エアコンの近くは寒くなります。

そのため、人がいる場所にはエアコンを設置できません。

設計の時点で全館冷房を計画していないと、後付けでは良い場所がないことが多いかもしれませんY(>_<、)Y

ただ、もしエアコンの後付けに最適な場所がなくても、ある程度の条件を満たしていればなんとかなったりします。

我が家の場合は、2階の寝室にエアコンを後付けして、全館冷房を行っています。

寝室なので、残念ながら夜寝るときは微妙…

エアコンを止めるか、再熱除湿機能を使って温度高めで動かしていますが、快適とは言いがたいです(ノДT)

その代わり、昼間は全館冷房にして、快適に過ごせています(^o^)

スポンサーリンク

最後に

一条の家で一年中快適に過ごしたかったら、「さらぽか空調」を導入するのが一番ラクだと思います。

ですが、さらぽかを導入できなかった方や、費用を抑えたい方にはエアコン全館冷房がいいかなと思います!

私のような文系人間にハードルが高く感じるのは、こんな専門用語が出てくるから。

  • 絶対湿度
  • 相対湿度
  • サーモオフ

でも、特に物理が苦手だった私でも、なんとかなりました( ̄∇ ̄+)

基本的なことは勉強しなければなりませんが、そこを乗り越えたら一年中快適で健康的な環境が手に入ります!

やってみよう!と思った方は、ぜひフエッピーさんのブログでノウハウを読んでみてください(^^)

エアコン1台全館冷房(除湿)
この記事は長文であるため5ページに分割されています。エアコン1台全館冷房とは?一条工務店のi-seriesには、さらぽか空調という全館冷房システムがオプションで用意されています。さらぽか空調はエアコン全館冷房のように間取りの考慮が必要ないこ

全館冷房をするなら最低限知っておきたい用語をまとめた記事はこちらです。
【用語集】これだけは知っておきたい!全館冷房するための基礎知識

目次へ戻る:【一条工務店】さらぽか空調・エアコン全館冷房のキホン