エアコン全館冷房とは

全館冷房って何?

エアコン全館冷房とは、エアコン1台で家中の湿度を60%以下に保ち、快適かつダニやカビの発生しにくい環境にする方法です。

カビやダニの発生しない家

従来の家は各部屋に1台ずつエアコンを設置する必要がありました。

しかし高気密高断熱住宅なら、その性能を活かしてエアコン1~2台で家中を快適にすることができます。

梅雨~夏の快適さには、湿度が大きく関係しています。家中の湿度を60%以下にするととても快適に過ごせるようになります。

家中を除湿するとどんな良いことがあるか?はこちら。
「夏に快適な家」の条件と、快適な家で暮らすメリット

「全館冷房」というと家中を涼しくするものというイメージが強いですが、冷房はオマケでメインは全館除湿です。

エアコンによる全館冷房は、4棟の注文住宅を建てられた(内3棟が高気密高断熱住宅)フエッピーさんが研究されていて、ブログにて詳しくノウハウを書いてくださっています。

この記事はフエッピーさんの記事から引用させていただきつつ、全館冷房のやり方をざっくりと解説し、イメージをつかんでもらうことを目的としています。

スポンサーリンク

エアコン全館冷房の概要

フエッピーさんによると全館冷房は

簡単に言うと、高気密な家の性能を利用して少ない電気代で家中を丸ごと除湿してしまおうという発想です。

引用元:エアコン1台全館冷房(除湿)|「家は、空調。」24時間全館冷房(除湿)by 一条工務店

エアコンは除湿機能に優れた機械なので、エアコンで家中の除湿をします。

全館冷房に適した設定でエアコンを動かすと、エアコンからはかなり冷たい空気が出てきます。

冷たい空気は下に、温かい空気は上に移動するという性質を利用して、エアコンからの冷気を弱く絞り、風向きは下にして、床に沿ってそーっと流していきます。

ドライアイスの入った入れ物のフタを開けると、白い煙が下の方にスーッと流れていくのをイメージするとわかりやすいでしょうか。

ドライアイスの白い煙

あの白い煙のように、エアコンの冷気は床を這って移動していきます。

これを利用して、2階から1階へ冷気を下ろすことができます。

逆に1階のエアコンの冷気を2階へ送ることは、まず不可能です。

サーキュレーターを使って無理矢理上げようとしても上手くいきませんY(>_<、)Y

スポンサーリンク

全館冷房のやり方

エアコンの種類は?

家中をエアコン1台で除湿するからと言って、エアコンを大きなものにする必要はありません(^-^)

6畳用のエアコンは一条ハウスならは60畳まで対応可能だということです。

引用元:エアコン1台全館冷房(除湿)|「家は、空調。」24時間全館冷房(除湿)by 一条工務店

我が家では1階と2階それぞれに6畳用のエアコンを1台ずつつけています。

また、再熱除湿機能つきであることが必須です!再熱除湿ができないと、まだ外気温が高くない梅雨時の除湿が難しくなります。

再熱除湿機能とは?⇒後日公開予定

エアコン全館冷房の熟練者なら再熱除湿機能を使わなくても成功させられるそうですが、初めて全館冷房に挑戦する場合は再熱除湿機能はついていた方が絶対良いです。

これがないと、部屋が寒くなりすぎる・うまく除湿できないとい問題が発生する場合がありますY(>_<、)Y

設置場所は?

必ず人がいない場所に設置します。(人がいる場所に設置すると寒すぎるため)

2階建ての場合は2階の階段ホール(階段を上がり切った場所)がベスト。1階と2階両方へ冷気が行くようにします。

平屋の場合はリビングなど。

ソファなど人が長時間いる場所に風が当たる位置はNG!!!

他にも色々ありますので、詳細はフエッピーさんの記事をご覧ください。

エアコン1台全館冷房(除湿)
この記事は長文であるため5ページに分割されています。エアコン1台全館冷房とは?一条工務店にはさらぽか空調という全館冷房システムがオプションで用意されています。さらぽか空調は除湿能力が高く操作が簡単で夏に低湿度な全館冷房を提供する非常に優れた

設定

全館冷房用のエアコン(2階)は以下の設定で動かします。

  • 設定温度は23℃前後
  • 風量は最弱
  • 風向きは下

フエッピーさんによると、

40坪程度までの家であればエアコンの取り付け位置が良く、窓の日射制御ができていれば二階に付けたエアコン1台で一階と二階の両方が冷房できる

引用元:エアコン1台全館冷房(除湿)|「家は、空調。」24時間全館冷房(除湿)by 一条工務店

とのことですが、広い家や外があまりにも暑くて涼しくならない場合は、補助エアコン(一般的には1階リビングに設置)も動かします。

補助エアコンは設定温度高めにして大丈夫です。(そうじゃないと冷えすぎちゃう)

補助エアコンにも再熱除湿機能があった方が万能だとは思いますが、全館冷房用のエアコンで除湿できていれば、補助エアコンがサーモオフを起こしても湿度が上がりません(^o^)

我が家のリビングのエアコンには再熱除湿機能はついていませんが、上手くいっています。

エアコン以外に必要なもの

温湿度計(みはりん坊W)

まずは正確に測れる温湿度計が必要です。

一条工務店から引き渡しの時にもらえる温湿度計は、湿度が10%ほど低く表示される傾向があるそうです(・Θ・;)

フエッピーさん推奨は、↓の「みはりん坊W」という温湿度計。

絶対湿度も表示されるので、今現在除湿が上手くいっているのかどうか調べる時に大変わかりやすいです。

窓の日射制御

外から日差しが入ってくると家の中が暑くなってしまい、全館冷房をしても涼しくならないことがあります。

一条の家には「ハニカムシェード」がありますが、これは窓の内側についています。

カーテンやハニカムなど窓の内側ではなく、窓の外側で日射を遮る方が効果的です。

そのためには窓の外に金具をつけ簾(すだれ)やシェードを取り付けるのが良いです。

今は「アイプレート」という金具が一条の公式オプションになったそうで、建築中の方はこちらが良いかもしれませんね。

一条工務店:シェードの金具・アイプレート設置が公式オプションになりました! | 一条工務店で建てたまぼこのきろく
我が家では西日が入り込む掃出し窓があるタイルデッキに、日除け用のシェードセイルを張っています。 その際にシェードセイルをしっかりと固定する為に、外壁にアイプレートと呼ばれる金具を設置しました。 関連 日除けの為のシェード用アイプレートを外壁に取り付る為のポイントまとめ あくまで標準外作業として取り付けをお願いしたこちら...

日射制御ができていないと、春先でまだ外気温は低いのに、日差しで家の中が暑くなってしまう(オーバーヒート)という現象が起きます。

これを防ぐためにも日射制御は有効です。

サーキュレーター

これは必須ではないと思いますが、全館冷房用のエアコンから出た冷気をしっかりと各部屋に送るためにサーキュレーターを使っている方も多いと思います。

我が家では無印良品のサーキュレーターを買ったものの、使っていませんが…(;´▽`A“

というのも、うちの全館冷房用エアコンは2階の一番奥まったところにあるのと、家の坪数もちょっと大きめなので、2階のエアコンで1階LDKまで
冷やせなかったのです。

サーキュレーターを使っても使わなくても体感は変わらなかったので、使うのを辞めてしまいました。

その代わり、暑い時は1階のエアコンも動かして2台体制にしています。

2階エアコン=全館除湿用
1階エアコン=LDKを冷やす用

というイメージですねヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

スポンサーリンク

全館冷房は全部を完璧に理解できてなくてもなんとかなる

全館冷房を実践するには色々と知識が必要で、最初は難しくてちんぷんかんぷんでした( ̄∇ ̄+)

ド文系な私は「相対湿度?絶対湿度?何それ」だったので、みはりん坊Wを使う意味も良く分からなかったのです。

ですが、実際に全館冷房用のエアコンを導入して色々試してみたら、なんとか形になりました。

うちはまだ日射制御は全くやっていないですし、エアコンを寝室に設置してしまったので、24時間はできません(ノДT)

それでもやってみたらとても快適になり、湿度コントロールするだけでこんなに違うものか!と、身に染みてわかりました。

特に天気の良い真夏であれば、あっさりできちゃうのではないかと思います。

人がいない場所にエアコンがなくても、2階のどこかにエアコンがあれば試してみることができますよ(^o^)

実践してみようと思った方は、フエッピーさんのこちらの記事を読んでみてください☆

エアコン1台全館冷房(除湿)
この記事は長文であるため5ページに分割されています。エアコン1台全館冷房とは?一条工務店にはさらぽか空調という全館冷房システムがオプションで用意されています。さらぽか空調は除湿能力が高く操作が簡単で夏に低湿度な全館冷房を提供する非常に優れた

また、現在建築中の方やエアコン追加工事を行って実践する場合は特に、上記記事を何度も読んで理解した上、自己責任にてお願いいたしますm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました