「夏に快適な家」の条件と、快適な家で暮らすメリット

温暖化が進み、年々暑くなっていますよね(x_x;)

天気予報で主に話題に上がるのは「気温」ですが、体感的には「湿度」の方が影響を受けます。

たとえば梅雨時は、気温が30℃以下でも湿度が高くて、とっても不快ですよね。

湿度が高いと汗が蒸発しにくいため、身体がベタベタして不快に感じます。

逆に湿度が低ければ、気温が高くてもそれほど不快さは感じません。

夏を快適に過ごすためには、湿度を60%以下にすることが大切です。


なぜ湿度を60%以下(できれば55%以下)に保つと快適なのでしょうか?

スポンサーリンク

体感的に快適

同じ室温でも、湿度によって体感が全く違います。

私は北海道在住ですが、2019年5月、季節外れの34℃を記録した日がありました。

しかしその日の湿度は39%と乾燥していて、暑いといえば暑いですが、それほどしんどさは感じなかったです。

7~8月はエアコンをつけて、以下のような環境で過ごしていました。

  • 室温:26~27℃
  • 湿度:48~55%

家事や育児で動き回ると多少暑いものの、サラっとして快適でした(^o^)

しかし、暑さのピークが過ぎてエアコンを止めてみると、室温は変わらないけれど湿度が65%に。

動かなくても汗がジワーっとでてきて、身体がベトベトして不快に感じます。

1歳の娘は汗で髪の毛がびっしょり!

同じ室温でも、湿度によって体感が全く違うことを実感しました。

スポンサーリンク

目には見えないダニとカビを抑えることができる

ダニやカビは、ジメジメした場所が大好きです。

ダニは湿度60%で増えてくる

ダニが急増するのは湿度60%、温度25℃。
乾燥に弱いため、湿度を55%以下に抑えれば死滅させることができます。

ダニって目には見えませんが、例えば布団に大量発生すると寝ている時にめっちゃ痒くなりますよね。(実家で経験あり 汗)

他にも布製のソファやカーペットなど、人間の髪の毛やフケ、食べこぼしがある場所は、ダニのエサになってしまうので増えやすいです。

特に子どもは新陳代謝が活発なので、ベビーベッドや子ども部屋に発生しやすいそうΣ(゚д゚;)

ダニの死骸やフンはアレルゲンとなり、アレルギー性鼻炎や結膜炎だけではなく、アトピー性皮膚炎や気管支喘息を引き起こす場合もあります。

お子さんのいる家では特に注意したいですねY(>_<、)Y

カビは湿度65%程度でも生えてくる

カビは湿度が80%、温度が20℃~35℃くらいで生えやすくなります。

しかし、湿度65%程度でも生えてくるカビもあります。

カビが発生するとお掃除が大変ですし、一度発生してしまうと再発しやすくなります。

以上のことから、湿度をなるべく55%以下に保つことで、ダニやカビの心配が少なくなります(・∀・)

スポンサーリンク

布団を干さなくてよくなる

布団を干すのって結構重労働だし、昼間共働きだと干すチャンスがなかなかありません。

レイコップ等の布団クリーナーも面倒…

しかし、湿度を55%以下に保っていれば、そもそもダニが増殖しません。布団を干す必要がなくなります。

梅雨でも室内干しで乾き、生乾き臭もしません。

窓を開けて高湿度で過ごしていると、こまめに布団を干しシーツ交換をしていても、焼け石に水かと(;´▽`A“

そもそもダニ対策が不要な環境にしてしまうのが一番です!

一般住宅だと難しくても、高気密高断熱住宅なら実現できますし、光熱費もそれほどかかりません(^o^)

スポンサーリンク

掃除の負担が減る

カビが生えにくい環境にすれば、お風呂のカビ取りをしなくて良くなります。

トイレの「サボったリング」もつきにくくなります。

クローゼットに「水とりぞうさん」等の除湿剤を入れる必要がないので、その交換作業もなくなります(^o^)

スポンサーリンク

ただしエアコンを適切に使うことが大切!

ここまで書いてきたように、湿度を抑えることで家が快適になります。

ではどうやって湿度を抑えるのかという話ですが、一条工務店の家(高気密高断熱住宅)では、エアコン1台で家中の除湿を行うことができます。

しかし、エアコンの使い方を間違えると、

  • 部屋が冷えすぎて寒くなる
  • 冷気が人に直接あたって冷房病になる(冷える、身体がだるくなる)
  • 温度と湿度両方のコントロールがうまくいかず、家の中が高湿度になってしまう

ということがあります。

そうならないためのノウハウを、これから書いていきたいと思います。