【用語集】これだけは知っておきたい!全館冷房するための基礎知識

全館冷房の基礎知識

夏でもサラっと快適な「エアコン全館冷房」。

でも、全館冷房を実践している方の話には、難しそうな用語が出てきますよね…

よくわからないけど、エアコンをつけて各部屋のドアを開け放しておけばいいんでしょ?

なんてことになりがち。

残念ながら、それだけではないんです。

特に、湿度に関する知識は必須になってきます。

このページでは、全館冷房を行う上で知っておきたい用語について解説します。

スポンサーリンク

相対湿度と絶対湿度とは?

相対湿度と絶対湿度の違い

普段生活していて目にする湿度は、「%」で表示されていますよね。

これを「相対湿度」と言います。

「全館冷房で家中の湿度を60%以下にしましょう」

の「60%」も、相対湿度のことです。

空気は温度によって、含むことのできる水分量が変わります。

温度が高いほどたくさん水分を保有できます。

保有できる最大量に対して、今どれくらい水分を保有しているか?を示すのが相対湿度です。

相対湿度とは?

それに対して「絶対湿度」というものがあります。

これは「空気中に含まれている水分の量」を示すものです。

相対湿度はあくまでも比率(%)なので、温度が違うと空気の湿り具合を比較できません。

一方、絶対湿度の単位は「g/㎥」。空気1㎥に水分が何グラム含まれているかを示します。

そのため、温度に関わらず、水分量そのものを比較することができます。

絶対湿度とは?

例えば、次のうちどちらが水分量が少ないでしょうか?

①温度25℃・相対湿度55%
②温度27℃・相対湿度54%

相対湿度で比較すると、②の方が乾燥しているように見えますよね。

でも、計算してみると、絶対湿度は①が12.67g/㎥、②が13.909g/㎥。

②の方が水分を多く含んだ空気なんです。

相対湿度を下げるには?

相対湿度を下げるには2つの方法があります。

  1. 温度を上げる
  2. 空気中の水分量を減らす

湿度を下げる

とは言っても、夏に部屋の湿度を下げるために、暖房をつけて温度を上げる人はいませんよね。

快適に除湿したければ、エアコンを使って除湿し、空気中の水分量を減らします。

エアコンを動かし、絶対湿度が下がっていくことを確認しましょう。

絶対湿度を見るには、「みはりん坊W」という温湿度計が最適です。

エアコン全館冷房をする際に、エアコンから出ている空気が「きちんと除湿されて乾いた空気が出ているか?」を調べるのに役立ちます。

それから、秋になって涼しくなり、窓を開けたくなった時にも使います。

家の中と外の絶対湿度を比較してみてください。

もし外の方が絶対湿度が高ければ、窓を開けると湿った空気が入ってきて、家の中の湿度が上がってしまいます(´・ω・`)

そういう時は、たとえ外が涼しくても、窓を開けないように注意です!

スポンサーリンク

サーモオフとは?

エアコンをつけているのに、湿度が上がってしまうことがあります。

例えば、エアコンを28℃設定で冷房運転したとします。

室温が28℃になると室外機が止まり、自動的に送風運転になってしまう。

外の湿った空気が入ってきたり、エアコン内部にたまっている水分が室内に排出され、湿度が上がる。

このように、送風運転になってしまうことを「サーモオフ」といいます。

真夏の暑い時期は外気温が高いので、サーモオフは起こりにくいです。

「室温が35℃で、35℃設定で冷房運転」なんてしないからですね。

でも、梅雨時で「室温が27℃・湿度が80%」のような時は、サーモオフが起こりやすいです。

冷房運転だとすぐに室内が冷えて、その結果「室外機が動かなくなる=除湿されない」となりがち。

ですので、エアコン冷房は「いかにサーモオフを起こさないようにするか」がとっても大事です。

ちなみに、後述する再熱除湿機能がないエアコンの場合、ドライ(除湿)モードで動かしても、サーモオフは起こります。

「ドライ運転してるのにちっとも湿度が下がらない!」ということは普通にあります。

スポンサーリンク

エアコンの再熱除湿機能とは?

エアコンの除湿には2つの方式があり、機種によって異なります。

1つは弱冷房除湿。その名の通り弱冷房運転することで除湿するものです。

温度と湿度、両方下げたい時ならこの方式の除湿で上手くいきますし、電気代も安いです。

しかし、室温はそのままで湿度だけ下げたい時には、サーモオフを起こしてしまって上手くいきませんY(>_<、)Y

もう1つは再熱除湿です。

これは、一旦空気を冷やして除湿したあと、温め直して室内に排出するもの。

そのため、室温はそのままで湿度だけ下げることができます。

高気密高断熱住宅の場合、エアコンを使うとすぐに部屋が冷えます。

普通に冷房運転したら、冷えすぎて寒くなってしまったり、弱冷房除湿だと上手くいかず、サーモオフを起こしやすいです。

高気密高断熱住宅なら、再熱除湿機能のあるエアコンが必須!!

再熱除湿エアコンがあれば、梅雨時の室内環境をコントロールしやすくなります。

スポンサーリンク

オーバーヒートとは?

オーバーヒートとは、窓から入ってくる太陽の熱で、家の中が暑くなってしまうことです。

いくら窓の断熱性能が高いと言っても、ガラスはガラスですから、日差しの暑さは防ぎきれません。

「一条の家は春に暑い!」と言われることがありますが、これはオーバーヒートしているためです。

窓の外に簾やシェードを設置することで、これを防げます。

スポンサーリンク

最後に

最低限これらの用語を抑えておくと、全館冷房のやり方をより理解しやすくなると思います。

やってみよう!と思った方は、フエッピーさんのブログを読んでみてください(^o^)

かなり詳しくノウハウを書いてくださっています。

エアコン1台全館冷房(除湿)
この記事は長文であるため5ページに分割されています。エアコン1台全館冷房とは?一条工務店にはさらぽか空調という全館冷房システムがオプションで用意されています。さらぽか空調は除湿能力が高く操作が簡単で夏に低湿度な全館冷房を提供する非常に優れた

目次へ戻る:【一条工務店】さらぽか空調・エアコン全館冷房のキホン