2.一条工務店の家で、夏のエアコン冷房に失敗しやすい理由

一条の家は夏にエアコンが効きすぎる問題

一条工務店の家は断熱性が高いので、夏はエアコンをつけなくても涼しいですよ!

なんて話を聞いた方もいるかもしれません。

残念ながら、そんなことはありません。

普通に暑いです。(特に2階!)

エアコンがよく効くので、涼しくて快適ですよ!

確かによく効くけど、エアコンの設置方法に気を付けないと、効きすぎて寒いです…

一条工務店の家(高気密高断熱住宅)は、エアコンの設置方法に気を付けないと、こんなことが起こります。

  • エアコンが効きすぎて寒い
  • 設定温度を上げると湿度が上がってジメジメする
  • 寒いからと停止すると、またすぐに暑くなる
  • しかもつけたり消したりしていると、エアコンがカビやすくなる

夏のエアコンで失敗しやすい理由と、快適にするための方法を紹介します。

スポンサーリンク

高気密高断熱住宅におけるエアコン冷房の問題点

高気密高断熱住宅の冷房で失敗しやすいのは、次の点です。

部屋が冷えすぎてしまう

一般的には、10畳の部屋には10畳用のエアコンをつけますよね。

しかし高気密高断熱住宅では、上手く設置すれば、6畳用のエアコン1台で家中を冷やすことも可能なんです。

一般的な住宅と同じように、1部屋に1台エアコンを設置すると、「夏は部屋が冷えすぎて寒い」となってしまうことも。

エアコンの風が直接当たると不快

一部屋ずつエアコンを設置すると、エアコンと人の距離が近くて、冷気が直接当たりやすくなります。

風向きを変えられる機種でも、コントロールできる幅はそれほど大きくなく、多少なりとも風を感じてしまいます。

風が直接あたると身体が急激に冷え、体調を崩す原因にも。

そのため、エアコンの風が人に当たらないように設置することが大事です。

設定温度を上げるとジメジメする

エアコンで部屋が冷えすぎて寒い!設定温度を28℃に上げよう!

一般的なエアコンでこれをやると、部屋の湿度が上がりやすいです。

なぜなら、室温を上げるためにエアコンが勝手に冷房運転をやめ、送風運転するから。

外の湿った空気が室内に入ってきてしまいます。

この現象を「サーモオフ」といいます。

※サーモオフについての詳細は、↓でも解説しています。

【用語集】これだけは知っておきたい!全館冷房するための基礎知識
エアコン全館冷房を実践する上で、初心者には難しく感じる用語を、なるべくわかりやすく解説しています。相対湿度と絶対湿度とは?サーモオフとは?エアコンの再熱除湿機能とは?オーバーヒートとは?について書いています。

部屋の湿度が上がると、ダニやカビが発生しやすくなり、体感的にも不快です。

ちなみに、エアコンを切っても、窓からの熱ですぐにまた暑くなります。

さらに怖いのが、エアコンをつけたり消したりしていると、エアコン内部がカビやすくなることΣ(゚д゚;)

エアコンは24時間運転が基本です!

スポンサーリンク

一条工務店の家で夏を快適に過ごすには?

以上のことから、夏の一条工務店は一筋縄ではいきません。

カラっとして涼しい(暑くない)快適な家をつくるために必須なのは

空調機器を適切に使って、家中の温度と湿度をコントロールすること

関連記事:1.「夏に快適な家」の条件と、快適な家で暮らすメリット

一条工務店の家なら、次のいずれかの方法で夏も快適な家をつくれます!

  1. 全館さらぽか空調を導入する
  2. エアコン全館冷房を導入する

それぞれについて、次の記事で詳しく解説します。

「全館さらぽか空調」とは?

エアコン全館冷房とは?

目次はこちら:【一条工務店】さらぽか空調・エアコン全館冷房のキホン