【借換え その4】三大疾病付きの機構団信は厳しい…住宅ローンの借換え断念しました。

こんにちは、とりです(・∀・)

かねてより、一条住宅ローンにてフラット35へ借換えの準備をしてまいりましたが…
残念ながら借換えは断念することになりました・°・(ノД`)・°・

前回の記事では一条住宅ローンに必要書類を送付するところまで書きましたが、今回はその続きと、借換えを断念するところまでをご紹介します(・ω・)/

本人限定受取郵便にて正式に申込み

一条住宅ローンに申込書類を送り、さらに追加で提出するように言われた書類も送りました。

追加書類を用意するのにかなり時間がかかってしまい、また北海道から本州への郵便は時間がかかってしまうこともあって、なんだかんだで2週間ほどのロス。

9月実行を目指していましたが、厳しくなってきました…。

追加書類の提出後、一条住宅ローンから「審査が通った」という連絡がありました。
しかしこれはあくまでも住宅ローン自体の審査の話で、団信の審査は、住宅ローンの審査が通ったあとに行われるそうです。

我が家は機構団信の三大疾病付きを希望しています。
健康状態に関する告知事項があるので、審査に時間がかかると言われました。

それから、「間違いなく本人が住宅ローンの申し込みをした」ということの証明のために、本人限定受取郵便にて書類を送られてきました。

本人限定は、家族でも受け取れません。

まず最初に郵便局から「本人限定受取郵便が来ています」という通知が届き、本人が在宅している日時を指定して来てもらうか、自分で郵便局に取りに行くこともできました。

その郵便の中身は、借入申込書のお客様控えと、金消契約手続きに必要な書類の案内でした。
金消契約に必要なのは、下記の書類です。

  • 印鑑証明書…2通
  • 住民票…2通(続柄、世帯全員が確認できるもの)

団信を申し込まない場合や団信の審査も通っている場合は、「振込口座のご案内」という書類も入っているようです。
(入っていなかった場合は、団信の審査が通ったあとに送られてくるそうです)

団信の結果連絡

その後、思ったよりも早く団信の結果について電話連絡がありました。

結果は…謝絶!!

つまり、団信の審査に落ちたということですねorz

団信の申込書に、告知事項についてかなり詳しく書いたのですが、残念ながら引き受けてもらえませんでした(T_T)
まぁ、ダメ元で申し込みをしていたので、しょうがないですね(^o^;

機構団信は、三大疾病つきだと審査が厳しいようです。
告知事項があるけれどどうしても機構団信の審査に通りたいという場合は、最初から三大疾病なしの方で申し込んだ方が無難かもしれません。

一度謝絶されてしまうと、その後再度申込することはできなくなるそうです(ノДT)

団信に落ちても、団信に入らずに借り換えすることもできるのですが、代わりになるような保険に入ると借換えのメリットが無くなってしまうので、我が家は借換えを断念することにしました。

今回の手続きにおける損失は、申込みに必要な住民票等の取得代1500円と、自分の時間1日分です(汗)

ちなみにもし団信の審査が通っていれば、その次は現在借りている銀行に借換えの連絡をして、金消契約となったようです。
司法書士さんによる登記の手続きもあるので、この先もやることはたくさんありそうでした(笑)

借換えができないなら繰上返済しよう

住宅ローンの総支払額を減らすために借換えをしようとしましたが、それができないなら、利息を減らすためには繰上返済しかないですね(;´▽`A“

今回の借換えにあたって、諸費用+キリの良い金額で借りるために投入しようと思っていた自己資金は、年明けに繰上返済で使おうと思います。(住宅ローン控除の関係)

もし金利0.9%で借換えができていたら、夢発電(太陽光発電システムのローン)の金利1%を下回るので、先に夢発電の返済をしてしまい、なるべく早く発電した分を懐に入れられるようにしたいなと目論んでいました( ´艸`)

※うちの時は夢発電1%でした

残念ながら今後も1.85%で返済していくことになりましたが、八大疾病付き・全期間固定でこの金利なので、良い条件には違いないかなと思います(・∀・)

ちなみに長期固定の金利はジワジワと上がってきているようなので、借換えを検討されている方は早めに行動された方が良いかもしれません。

という訳で、住宅ローンの借換えに関する記事はこれにておしまいです(TωT)/

住宅ローンの比較に関する記事はこちら☆

【住宅ローン】比較のポイントと、複数審査しても不利にならない方法とは?
こんにちは、とりです(・∀・) 住宅ローンの超低金利が相変わらず続いていますね! 業界最低水準を謳う「住信SBIネット銀行」を見...

借換えに関するこれまでの記事はこちら☆

【借換え その1】フラット35なら、一条工務店の「i-flat(アイフラット)」がおすすめ!
こんにちは、とりです(・∀・) 我が家が住宅ローンを新規借入したのは3年前のことでした。 銀行の全期間固定金利・八大疾病付きで1.8...
【借換え その2】借換えメリットはどれくらい?シミュレーション結果に注意!
こんにちは、とりです(・∀・) 一条工務店のお客さん限定の「一条住宅ローン i-flat」で借換え手続を始めた我が家。 一条住宅...
【借換え その3】一条工務店の住宅ローン「i-flat」の申込みに必要な書類と費用は?
こんにちは、とりです(・∀・) 先日、一条工務店のi-flatに借換えの申込みをし、シミュレーションと申込書類を送っていただきました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コスケ より:

    こんにちは、コスケです( ´ ▽ ` )ノ
    あちゃ、ダメでしたか〜

    うちもほぼ確実にダメなので、諦めようかな(ノД`)
    簡単にはいきませんね〜

    でも繰り上げ返済すれば総支払額は減りますし!

    • とり より:

      コスケさん、コメントありがとうございます☆

      ダメでしたー・°・(ノД`)・°・
      まぁ、新規借入の時じゃなくて良かったかもしれません(汗)
      頑張って繰上返済します(`・ω・´)ゞ

      手続きの準備をしていた時にあらためて償還票を眺めてたのですが、利息ってすごい金額ですよね…
      繰上返済すると元本がグっと減るので、なんか嬉しいですね( ´艸`)