新フローリング「ライブナチュラル」シリーズと、一条工務店の建具との相性

こんにちは、とりです(・∀・)

昨日は、一条工務店の新しい床オプション「ライブナチュラル」シリーズを見てきたという記事を書きました。

一条工務店の新しいフローリングオプション「ライブナチュラル」シリーズを見てきました。
こんにちは、とりです(・∀・) これまで一条工務店の家の場合は、一条オリジナルの床材からしか選べませんでした。 しかし、ついにフロー...

これまで一条ではオリジナルのフローリングからしか選べませんでしたが、ついにオプションでフローリングが選べるようになった!と、とても良いニュースに感じられたのですが、採用するには少々問題があるようでした。

まず一番の問題は、費用です。
ライブナチュラル、ライブナチュラルリミテッド、ライブナチュラルプレミアムの3種類ある中で、特にプレミアムは超高級オプション!!
場合によっては100万超えのオプションとなるので、なかなか選べるものではありません。

それと、別の問題とは?

一条工務店オリジナルの建具しか選べないので…

営業さんがおっしゃっていたのですが、「この床いいね!」となっても、建具は既存の一条のものからしか選べません。
その組み合わせの問題で断念するケースもあるそうです。

確かに、これまではフローリングと建具がある程度マッチするような選択肢が用意されていましたし、i-smartに至っては「○○ウォールナット」の中から選ぶので(レッドチェリーもありますが)、組み合わせの対象となる選択肢はとても少なく、選びやすかったです。

i-smartのフローリング

i-smartのドア

古いカタログなので、上の写真の下段は今のフローリングとは少し違うと思います。
もっと種類が増えたと聞いたような?
メイプルはもっと幅広になったんですよね。
オークはどうなんだろう。

i-smartの場合は、上段のi-smart用フローリング「○○ウォールナット」から選ぶ方が多いと思います。

床と建具、同じ色を選択すれば間違いはないですし、違う色を組み合わせたり、建具はピュアホワイトにしても違和感ないですね(・∀・)

では、ライブナチュラルシリーズと一条の建具との相性はどうでしょうか?

ライブナチュラルシリーズと一条の建具

全ての床材で試したわけではないのですが、いくつか組み合わせてみました。

ライブナチュラルリミテッド・カリン

レッドチェリー×カリン

i-smartのレッドチェリーのドアとカリン。
赤っぽいもの同士で組み合わせてみましたが…
他のものと合わせてみても良かったですかね(;^_^A

ライブナチュラルリミテッド・チーク

てるさんがチークのフローリングを採用されていて、一条の様々な住設やオプションクロス、オプションクッションフロア、家具等との組み合わせをブログで公開されています☆

チークの床をお披露目 byてる|i-smartでの暮らし byてる

ライブナチュラルプレミアム・ブラックウォルナット

プレミアムの中でも最高級のブラックウォルナット。
i-smartのビター・ウォールナットと組み合わせると…
ビターウォールナット×ブラックウォールナット

グレー・ウォールナットと組み合わせると…
グレーウォールナット×ブラックウォールナット

重厚感がありますね。
プレミアムのブラックウォルナットは、特に高級感があります。
どちらもウォルナットなので、相性は良さそうですね☆

ピュア・ホワイトのドアと合わせるのも良いかも。

ライブナチュラルプレミアム・オーク

うちの床と建具は、両方ともライト・ウォールナットです。
とりの好みど真ん中!

そんなライト・ウォールナット好きな方におすすめなのは、ライト・ウォールナットとオークの組み合わせです☆
ライトウォールナット×オーク

グレー・ウォールナットとオークだとどうかな??
グレーウォールナット×オーク

ライブナチュラルプレミアム・ハードメイプル

プレミアムの中でも、ハードメイプルが一番気に入ったので、色々合わせてみました。

ライト・ウォールナットのドアとハードメイプル。
光の当たり具合の関係でグレーっぽく見えますが、ライトです。
ライトウォールナット×ハードメイプル

ピュア・ホワイトのドアとハードメイプル。
これも家が明るくなって良いですね!
ピュアホワイト×ハードメイプル

ホワイト・ウォールナットのドアとハードメイプル。
ホワイトウォールナット×ハードメイプル

ハードメイプルはやっぱりi-cubeの方がしっくりくるかなぁ?
という訳で、展示場のi-cubeの建具と合わせてみました。(ピンボケすみません)
今は建具のデザインが変わっているそうです。
i-cubeの建具×ハードメイプル

まぁ…ハードメイプルはとっても良いですが、お値段を考えると「標準のメイプルでいいか」となってしまいそうですね(;´▽`A“

こうやって色々試してみると、組み合わせる建具がない!というわけでもなさそうです。

オプションのフローリングのメリットは?自分だったら採用するかどうか…

うちはもうとっくの昔に入居済みなので、採用するかどうかなんて考えても無駄なのですが…(笑)

もしも自分だったら、採用するかどうか考えてみました。

i-smart標準のフローリングと比較

とりはi-smartのフローリングや建具のデザインがとても気に入っていて、特にライト・ウォールナットがツボでした。
ライブナチュラルやリミテッドには自分の好みに合うものがなく、プレミアムはすごく良いけど何十万とか100万円以上します。

そのオプション代を払ってまで採用するかなぁ…?
もし当時から選択肢にあったとしても、採用しなかったと思います。

しかし実際に住んでみて。
i-smartのフローリングは、シート貼りのフローリングの中ではとても良いものだとは思いますが、見る目が養われてきたのか、やっぱり無垢のフローリングのお家には心惹かれますね~。

昨日の記事にも書きましたが、多少の傷も無垢の場合は「風合い」に感じられる気がします。
フローリングに傷がつくのは避けられないですから、傷がついた時の見た目が気になりにくいものを選ぶと良いのかもしれません。

まぁ、i-smartのフローリングの傷も、住んでいる本人は気になるものの、他人は気づかないだろうとは思います(;´▽`A“

フロアコーティングと天秤にかけてみる

フロアコーティングをするとなると、会社にもよると思いますが、20万~30万以上はするのではないでしょうか。
となると、フロアコーティングをしない代わりにオプションのフローリングを選ぶというのもアリかもしれませんね。
(それでももっとお金はかかりますが…)

ちなみに、UVフロアコーティングはピッカピカで清潔感がありますが、傷が目立ちますのでご注意を(;^_^A
うちはマットな質感のコーティングにしました。

ガラス系フロアコーティングの光沢度合は?コーティングしてても床補修できる?
こんにちは、とりです(・∀・) フロアコーティングはピカピカの床がかっこいい!という方もいれば、ピカピカしている床はあんまり好きじゃな...

オリジナリティを出せる

今や一条工務店の家は、そこらじゅうに建っていますよね(;´▽`A“

そうなってくると、皆と同じ家はなんだかなぁ、オリジナリティを出したいなぁという気になってきます。

外壁のハイドロテクトタイルはとても良いものですが、種類が少ないですし、どうしても同じような外観になってしまいますよね~。

そして家の中も、これまではフローリングや建具、キッチンや洗面台など、限られた種類からしか選ぶことができないので、一条の家でオリジナリティを出すには工夫が必要でした。

なので、このフローリングのオプションは、個性を出すためには良いアイテムかもしれませんね☆

木のぬくもりが感じられる

やっぱりですね…i-smartのフローリングには、木のぬくもりは感じられない気がします。
いや、i-smartのフローリングは好きなんですけどね。。。

床暖房を入れていれば暖かい(というか、冷たくない)ですが、床暖を稼働する前などはかなり冷たいですし、春になって床暖を消すと、室温はそれほど変わっていなくても床の冷たさを実感します。

その点、特にライブナチュラルプレミアムの場合は、木のぬくもりが感じられて、シート貼りと比べると床はそこまで冷たくないのではないかなぁと思います。
あくまでもそう予想しただけで、実際はわかりませんが(´・ω・`)

フローリングとクロスは、部屋の中で占める面積が広いので、ちょっと違うだけでも雰囲気がガラっと変わります。
人によってこだわるところは違いますが、フローリングにこだわりたい方にとっては、その金額を支払うだけの価値がある…かも???

1階だけオプションにする

もしも自分だったら、結論。
1階だけライブナチュラルプレミアムの床にするという選択肢が、恐らく有力候補に入ってくるだろうと思いました(^^)
例えばハードメイプルで18坪だったら、40万くらいですかね。

とりの時はできませんでしたが、今は1階と2階で違う床を選べるということなので、1階だけオプションの床にすることもできそうですよね。
それをもし、1階だけではなく、LDKだけとかにすることができるのなら、もう少し安くなりますね。

ただし注意が必要なのは、建具は1種類からしか選べないということ。
1階と2階でフローリングを変えた場合でも、建具は同じになりますから、どちらにも合う建具があるかどうかが問題ですね。

まとめ

ライブナチュラルプレミアムは、金額を見た瞬間に「無理!」とバッサリいきたくなるような、超高額オプションです。

しかし、一条がこの商品をオプションに加えたということは、それだけ良いものなんじゃないかなぁという気もしています。
この床材のメーカー「朝日ウッドテック」のショールームは、東京・名古屋・大阪・福岡にあるようです。

オプションのフローリングが気になっている方は、ショールームにも足を運んでみてはいかがでしょうかヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

前回及び今回の記事は、あくまでもサンプルの床材を見ただけの感想ですので、実際に施工された部屋を見たり、朝日ウッドテックの方からお話を聞いてみると、わかることがたくさんあるのではと思います☆

以上、一条工務店の新しいフローリングオプションについてでした(^O^)/

i-smartのEBコートフローリングとフロアコーティングについてはこちら!

アイスマートの床(シートフローリング)にフロアコーティングは必要なの?
こんにちは、とりです(・∀・) アイスマートのフローリングは、幅広でオシャレな感じがしてとっても好きなのですが、傷つきやすい・...
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コスケ より:

    こんにちは、コスケです( ^ω^ )
    私もとりさんと同じくi-smartのライトウォールナットがかなりデザイン的にも気に入っているのですが、オークとライトウォールナットのコンビはドストライクです( ̄▽ ̄)

    いや〜、私の時にこのこのオプションがあって<もっと安ければ>採用したいですね(⌒-⌒; )

    当時選べたとしても・・・、このお値段じゃ諦めたでしょうε-(´∀`; )
    でも、無垢材のフローリング憧れますよね〜

    オプションで100万超えるんなら、20年経過したくらいにフローリング張り替えるくらいできそうな金額でしょうからね(汗

    • とり より:

      コスケさん、コメントありがとうございます☆

      オークとライトウォールナット、良いですよね~ヾ(@°▽°@)ノ
      ドストライクと言っていただけて、なぜか嬉しいです(笑)

      でもオークも高いので、同じく採用していたかどうかは…

      当時だったらi-smartのフローリングの耐久性のことなどよくわかっていなかったので、即却下していたと思いますが、例えばもし今家が全焼してもう一度i-smartを建てるなんてことになったら、リアルに検討すると思います。。。(笑)

      フローリング張り替え、確かにそうですよね~。
      でも20年後にフローリングを貼りかえる費用を捻出することを考えると、長く使えるフローリングを最初から使うという手も…
      20年後にはキッチンとかお風呂とかを入れ替えたくなっている予感です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

      i-smartの床がどれくらい長持ちするのか、ちょっと心配です。。。

  2. がちゃっぴ より:

    こんばんは。
    私はi-cubeで建てましたが、i-smartとは違って選べる床材は少なかったように感じます。
    私はプレーン色を選びました。ちょうど打ち合わせ中に、階段色がプレーンにも対応することになり、床と階段の色が同じになって良かったと記憶しています。
    確かにi-smartなど一条ならではの家が増えすぎたために、タイル張りの家=一条と外観で一目でわかるようになりましたね。そういった中で個性を出すのには、部材を選んでいくということもあるなと思いました。
    でもうちではやはり高いので採用は難しいですね(;^ω^)

    • とり より:

      がちゃっぴさん、コメントありがとうございます☆

      i-cubeのフローリングは、i-smartでも選べる「高耐久フローリング」というやつでしょうかね。
      確かに種類は少なかったですよね。
      今は少し増えた(変わった?)と聞きました(・∀・)

      プレーン良いですよね(^^)
      階段色がプレーンも選べるようになったのって、割と最近だったのですね~。
      完全に同じ床材を選べるのがベストですが…

      そうなんですよね、タイル張りの家を見たら「i-smartかな?いや、あの窓枠の色はi-cube?」という感じで、一条の家であることはすぐにわかりますよね~。
      住んでいる人間がわかるのは当然として、もっと増えたら、一条とは無縁の人でも「あれは一条工務店の家だ」とわかるようになるかもしれません。
      セキスイハイムなんかもそうですよね。

      うちも、もしオプションのフローリングを選べたとしても、高額すぎて夫を説得するのは無理だったかもしれません(笑)
      家に対するこだわりどころは人それぞれですから、フローリングや木のぬくもりを重要視する方だったら、もしかしたら100万オーバーのオプションでも採用するかもしれませんね!