i-smartのキッチン・油はね対策をご紹介!IHでも油はねします。

こんにちは、とりです(・∀・)

一条工務店i-smartのキッチンは、フルオープンキッチンです。
壁付キッチンであれば、油がはねても壁を拭けば良いですが、オープンキッチンの場合、油はねするとどうなるのでしょうか。

また「IHは油はねしにくい」と言われますが、実際はどうでしょう。

今日は、IHの油はね事情と、我が家で実践している油はね対策をご紹介します(^O^)/

IHでも油はねする?

ハウスメーカー検討中だったか、打ち合わせ中だったか。
「IHは油はねしにくいですよ」と聞いていました。

しかしカーテン打合せの時。
話の流れでカーテン屋さんに聞いてみると…

「いやいや、普通に油はねしますよ!この間お客さんのところに行ったら、キッチンのロールスクリーンが油でべっとりしてました。」

なんて話を…。

そして実際に使ってみて結論。

IHでも油はねはします。
ただし、ガスよりは多少はねにくいです。
また、ガスよりIHの方が油煙が少ないです。

という訳で、ガスでもIHでも、油はね対策は必要だとわかりました。

そしてIHとガスで違うのは、IHはガスに比べて油を含んだ空気がレンジフード(換気扇)に吸われにくいという点です。

ガス火だと上昇気流にのってレンジフードに吸われやすくなるのですが、IHは上昇気流が少ないので、油を含んだ空気が散ってしまいやすいように感じました。

ただ、IHでもしっかり吸われるという話を聞いたこともあるので、ひょっとしたらi-smartのキッチンのレンジフードの威力の問題かもしれません(;´▽`A“

i-smartのレンジフードは、材質は良いものでできているらしいですが、性能としてはどうなのでしょうね。
これまでIHの家に住んだことがなかったので、そこら辺はよくわかりません。

i-smartのオイルガード

i-smartのキッチンには、油はね対策としてオイルガードがついています。
以前はなかったそうですね(;´▽`A“

我が家のオイルガードはこれです。
i-smartのオイルガード

高さはあまりないですね。
今は高さ60cmのハイタイプというものが、オプションで選べるそうです(・∀・)
(うちのは30cmちょっとです)

あと、新しいi-smartだと、オイルガードを外して洗えるとか?
うちのはこのように、ガッチリと固定されていて外せないようになっています。
オイルガード(取り外し不可)

オイルガードは一応ついていますが、外せないのでオイルガードが汚れた時の掃除が面倒ですし、そもそもオイルガードの高さもあまりないので、完璧にガードすることはできません。

ただ、それでもオイルガードの向こうのカウンター部分が多少汚れる程度です。
油がダイレクトに床に飛んでいくということはありませんでした(^^)

我が家の油はね対策

油が床まではねるということはないはずなのですが…
i-smartに入居後数か月すると、キッチンの向こう側の床がベタベタするようになりましたΣ(゚д゚;)

これはおそらく、油はねというよりは、料理中に発生する油を含んだ空気がレンジフードに吸われずに飛んで行ってしまい、その油分が床に落ちて、それが蓄積されていったからなのではと思いました。

そこで考えた対策がこちら!

カフェカーテンをつける

カフェカーテン(手前から)

レンジフードにカフェカーテンをとりつけました(^O^)/

普段はこの写真のカーテンではなく、薄手のレースカーテンを取り付けています。
今回は諸事情により別のものを取りつけましたが、やっぱりレースの方が開放感が損なわれにくくなるので、レースが良いですね(^^)

反対側から見るとこんな感じです。
カフェカーテン(反対から)

磁石でカーテンをくっつけています。
強力なネオジウム磁石の方がおすすめです。(100均でも売っています)

せっかくのオープンキッチンなので、カーテンはない方が開放感はあるのですが、カーテンを設置したらキッチンの向こう側の床が油っぽくならなくなりました☆

来客時は外していますけどね(;´▽`A“

ちなみにキッチン手前の床は、激しく油はねするような料理をすると、たまに油っぽくなる時があります。

そんな時は、あっちこっちふきんで強めに水拭きするとスッキリします(^^)

このあっちこっちふきん、お風呂掃除の記事でもご紹介しましたが、油汚れも洗剤なしで落とすことができる優れものですヾ(@°▽°@)ノ

【お風呂】入居2年経ってもカビが生えない&水垢汚れがつかない方法
こんにちは、とりです(・∀・) 昨日は我が家のお風呂(一条工務店 i-クオリティバス)のご紹介をしました。 入居から2年以上...

レンジパネルを使う

もう1つの油はね対策は、多くの方がやっていらっしゃるであろう、レンジパネルを使うことです。

揚げ物や炒め物をする時は、このようにレンジパネルを立てて使用しています。
レンジパネル

2ヶ月使っているのでヨレヨレでお恥ずかしいですが(;´▽`A“

毎日キッチン掃除の時に、このパネルも水拭きして、カップボードにしまっています。

レンジパネルを拭くのは面倒ですが、油はねしてオイルガードやIHの周り、キッチンボードなど、色々なところが汚れる方がもっと面倒なので、このパネルを愛用しています。

2~3か月に一度買い替えていますが、もったいないので使い捨てではないタイプのものを買っても良いかもですね。

ちなみに↓のIHの排気口が汚れやすいので、排気口カバーが売っていますよね。
排気口

こういうの買おうかなと思っていたのですが、レンジパネルを使っていれば特に必要ないように感じたので、今でも使っていません。

ただ、それでも多少は汚れるので、時々フタをあけて掃除しています。

この中は汚れると掃除が厄介なので、レンジパネルを使わないのであれば排気口カバーをつけた方が良いかなと思います(・∀・)

ハニカムシェードへの油はねに注意!

一条工務店のお家で一番注意したいのは、ハニカムへの油はねです。

我が家の場合、IHのすぐそばに窓があります。

キッチンのハニカム

基本的にはここまで飛ぶことはないのですが、揚げ物などでたまーにここまで油が飛んでいくことがあります。

そうなるとハニカムを洗うというのは難しいので、ハニカムを上げて調理するか、洗えるタイプのロールスクリーンなど、カーテンを設置するのがおすすめです。

あと、意外と壁の下の方も汚れますね~。
キッチンの壁汚れ

i-smartのクロスは水拭きできるので、ここは汚れても水拭きすれば大丈夫です(^^)

以上、キッチンの油はね対策についてでした(^O^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コスケ より:

    こんにちは、コスケです!
    IHでも油跳ねますよね〜

    私は5年ほど前からずっとアパートでIHを使っていたので分かっていましたが・・・(ノД`)

    ちなみにi-smartの換気扇、吸い取り悪いと思いますε-(´∀`; )
    IHのアパート2カ所住んでいた経験があるのですが、ここまで吸い取りが悪いのは初めてで、あのデザインに問題があるんじゃないかと感じています。

    やっぱり平らのタイプではなく、上部をすっぽり覆う感じの換気扇がベストだなぁと思います。
    換気扇の板に当たったのが、横から吸い込まれて効率的!なんて説明を受けましたが、板に当たった煙が明らかに吸い込みきれず横に漏れてること多々ありますし・・・

    IHの使い方はかなり慣れているつもりなので、普段から極力煙が出ないように火力やフライパンの形状やフタとその形状などを調整して料理していますが、どうしようもないときはどうしようもないです(⌒-⌒; )

    カフェカーテン良いですね!
    耐火性のある素材のもの探して、うちでもつけようかなぁ〜

    IHの反対側の壁になにやら飛んでいることがあるので、良いものがあれば試してみたいと思います!

    オイルガード、我が家のものは外れますが、とにかく重いので外すことはないと思います(⌒-⌒; )
    普通に拭いて終わりです。

    あの重さを相手に器用に洗剤つけて洗うとなると男性の仕事でしょうね。

    キッチン横のハニカム、私も気になっているので調理時は常に開けてます(^_^;)
    やっぱり汚れますよね〜

    私も跳ね対策にレンジパネルやカフェカーテン検討してみたいと思います!

    • とり より:

      コスケさん、コメントありがとうございます☆

      やっぱりi-smartの換気扇はイマイチですか・°・(ノД`)・°・
      確かのあの形状、デザイン重視な感じがします。
      見た目は良いですが、なんか曇っちゃうし、別なものに変えたいです(汗)

      煙が吸い込まれずに明らかに漏れてるの、見えますよね!
      油煙の多い揚げ物をやった時なんか「あーあ…」という感じです。
      コスケさんはそんなことされないと思いますが( ̄ー ̄)

      フライパンの形状とか関係あるのですかΣ(・ω・ノ)ノ!
      とりが気を付けていることと言えば、火力をデフォルト以上に上げないことぐらいですねぇ…。

      カーテンの耐火性について、書くかどうか悩んで結局書かなかったのですが、やっぱり耐火性の生地の方が良いですよね。
      揚げ物の時に新聞紙を敷くとかよりは安全かな?と思いましたが、とりも耐火性のカフェカーテン探してみることにします(^^)

      一般的なものより長いものじゃないと写真のように全体を覆えないので、種類が限られてしまうのですよね。

      一度ハニカムの外側につけているカーテンに思いっきり油が飛んでしまったことがあったので、危なかったです(;´▽`A“
      カーテン何度か洗ったのですが、シミになってしまいました。
      言われなければわからない程度ではありますが、カーテンでもショックなので、ハニカムが汚れたらもっとショックですね・°・(ノД`)・°・