一条で選べるセカンド洗面台と、我が家のLIXIL・エルシィのご紹介

こんにちは、とりです(・∀・)

今日はオプションのセカンド洗面台(LIXILのLC・Mセレクション)をご紹介します(^O^)/

我が家では、2階の階段ホールにセカンド洗面台を設置しました。
その理由は、1階の洗面所が混雑しても2階で使えるようにしたかったためです。

本当は1階の洗面所をツーボウルのものにしたかったのですが、他社製品は不可と言われ、それなら2階にもう1台設置すれば良いかと(・∀・)

今は1階だけで不都合ないのですが、同じ時間に朝の身支度をする人が二人以上いると、急いでいるのに洗面所が空かなくてイライラしたり、ゆっくり身支度できなかったりしますよね(;´▽`A“

とりが外に働きに出たり、将来子どもができて少し大きくなった時のことを考え、セカンド洗面台を設置することにしました。

その他、例えば2階の加湿器の水を補充するために使うなどの用途も考えましたが、結局加湿器は使っていません(;´▽`A“

その代わり、除湿機の水を捨てたり、アイロンのスチーム用の水を入れるのにも使っています。

一条工務店で選べるセカンド洗面台

閑古鳥さんのオプション一覧表によると、一条工務店のオプションとして設定されているのは、以下の3種類のようです。

TOTO ラバトリードレッサー(Vシリーズ)

種類は、以下の3つから選べます。

  • 60cmタイプ
  • 75cmタイプ
  • 三面鏡タイプ

オプション料金は、タイプごと&1階設置か2階設置かによりますが、89,700円~126,300円だそうです。

TOTOのVシリーズは、排水溝が洗面台の右奥にあるのが特徴です。

水はねしにくいなど、洗面台で髪を洗いやすい作りになっているようですね。

上記写真では棚が見えるようになっていますが、三面鏡タイプにすれば、収納は鏡の後ろになるので、見栄えがスッキリしますね(^^)

LIXIL エスタ

種類は、以下の2つから選べます。

  • 60cmタイプ
  • 75cmタイプ

オプション料金は、こちらもタイプごと&1階設置か2階設置で、105,400円~124,000円です。

また、「水栓引き出し式」というのと「標準以外の扉色」も追加料金で選べるようです。

「LIXIL エスタ」で検索すると、ものすごいおしゃれなのがいっぱいでてきます。

でも、一条で選ぶことができるのは、多分上記写真のものだけで、しかも上部のキャビネットは無かったような…?
確か↓のような感じで、鏡はオプションだったような?
LIXIL エスタ

※写真はLIXILのサイトよりお借りしました。

曖昧な情報ですみません(汗)
詳しいことは営業さんや設計さんにご確認ください(>_<)
詳しいことご存じの方がいらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです(^人^)

ちなみに、この写真は水栓がグースネックになっていますが、これは設定外なので稟議対応となるそうです。

エスタの良いところは、幅だけでなく奥行きが44cmとコンパクトなことです。
そのため、トイレを出たところとか、玄関とか、狭いスペースでも設置することができます。

我が家も当初、スペースの関係でエスタを採用する予定でした。

ただ、歯ブラシとかを置いておきたかったですし、あくまでも洗面所として使うことを考えていたので、できればTOTOかエルシィが良かったのですよね。

結局間取りの変更により、もっと大きなものを入れられるようになったので、エルシィにしました(^^)

LIXIL エルシィ

種類は、以下の3つから選べます。

  • 75cmタイプ
  • 90cmタイプ
  • 120cmタイプ

120cmタイプまであるので、二世帯住宅の2階の場合などには良さそうですね(^^)

デフォルトだと照明が蛍光灯なのですが、+1万円でLEDに変更できるみたいです。
知らなかった…!

使用頻度が高い場合はLEDがおすすめです。

我が家のセカンド洗面台

それでは、我が家のセカンド洗面台をご紹介します(^O^)/

LIXIL エルシィ


我が家が選択したのは、LIXIL エルシィ(Mセレクション)の、75cm(2階設置)です。

オプション代金は2013年5月着手承諾時で160,000円でした。
(閑古鳥さんのオプション一覧表によると、今は160,300円とのことです)

色は「クリエペール」を選択しました。

i-smartのライトウォールナットのフローリングと合うかなぁと思ったのですが、初めてお目見えした時には「微妙に色合いが違う…やっぱりホワイトにすれば良かった」と思いました(汗)
クリエペールとライトウォールナット


でも今はすっかり見慣れて、どっちでも良いような気も(・∀・)

エルシィの収納

先ほどの写真の通り、三面鏡になっており、収納部分は鏡の後ろに隠されています。

中はこんな感じです。
左と真ん中。
エルシィ鏡裏収納(真ん中と左)


右。
エルシィ鏡裏収納(右)


コンセントもついています。

中の棚は外せるようになっていて、高さも調節できます。

洗面台下部の収納は、左の引き出しはこんな感じ。
エルシィ下部(左)

ちなみにこのタオル掛けは付属品ではなく、自分で買ったtowerのものです。

右の扉を開けると、このようになっています。
エルシィ下部(右)

セカンド洗面台としては十分すぎますね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

洗面ボウルや水栓、排水溝は?

洗面ボウルや水栓の形も、今どきのおしゃれな感じになっております。
洗面ボウル

水栓は上についているので、濡れにくくて良いです。
水栓

シャワーは引き出せます。
シャワー

ヘアキャッチャーは、やはり一条オリジナルのものより掃除がしやすくなっていますね(^^)
排水溝とヘアキャッチャー

エルシィ水栓使い方

セカンド洗面台(エルシィ)を使ってみた感想

使ってみた感想と言っても、ここで顔を洗ったり歯を磨いたりしたことがないのでなんとも言えませんが、2階にも洗面台があるというのは便利です(^^)

友人が泊まりに来たときに使ってもらえますし、2Fの除湿機の水を捨てるためにわざわざ下に降りるのも面倒ですしね。

ただ、滅多に使わない分、使った時は必ず水気を拭き取っておかないと、水垢がついて取れなくなるので注意が必要です(>_<)

あと、照明は一応ついていますが、蛍光灯ですし、明るさが物足りない感じがしました。
LEDに変更するか、洗面台の前にダウンライトなどを設置するかしておけば良かったかもしれないなーと思います。

ですが、見た目もおしゃれですし、掃除もしやすいです。
将来大活躍する予定なので、つけて良かったと思っています(^^)

二世帯じゃなくてもセカンド洗面台、おすすめですよ(^O^)/

1階の一条オリジナル洗面台(リュクスドレッサー)についてはこちらをご覧ください。

一条工務店の洗面台(リュクスドレッサー)の収納や機能と、お気に入りの雑貨をご紹介します。
こんにちは、とりです(・∀・) 一条工務店の場合、洗面台は基本的に一条オリジナルのリュクスドレッサーになります。 (2つ設置する場合...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ふわふわ☆わんこ より:

    こんにちは。
    うちは、セカンド洗面台にエスタを採用しました!
    エスタは、鏡ありのタイプと鏡無しのタイプから選べます。
    私は、自分の好きな鏡を取り付けたかったので、鏡無しにしました。
    鏡の有無で2~3万くらいの価格差だったように記憶しています。
    そして、グースネックで思いっきり稟議になりました(笑)
    エルシィの水栓口が上に付いているタイプが希望だったのですが、
    鏡無しにはできなかったので諦めました。
    お掃除しやすそうで良いですよね(^_-)-☆

    • とり より:

      ふわふわ☆わんこさん、コメントありがとうございます!

      エスタってやっぱり選べるのは鏡の有無だけで、棚はついてこないのでしょうか?
      記事に記載した金額も、ベースのみの料金っぽいですかね(・∀・)

      確かに鏡なしのベースだけのものはエスタしかないですね。
      自分の好きな鏡を取り付けるのも素敵ですね~☆

  2. コスケ より:

    こんにちは、コスケです( ^ω^ )
    セカンド洗面所良いですね!

    うちも妻が熱望していたのですが、掃除は私の仕事になりそうですし、これ以上水回りの掃除場所を増やしたくないという気持ちで精一杯反対してつけませんでした(^_^;)

    しかし、実際に生活してみると、将来あった方が便利かなぁと思うこともありますし、今も2階に洗面所有れば便利だなぁと思うことは多々あります。

    もう今からつけることは出来ないので、つけておけば良かったかなぁ(>_<)
    でも、掃除場所増やしたくないあぁ・・・

    • とり より:

      コスケさん、コメントありがとうございます☆

      確かにただでさえトイレも2つありますし、掃除場所が増えるのは嫌ですよね(;´▽`A“
      今はほとんど使っておらず、使った場合はちゃんと水気を拭き取るルールにしているので掃除は必要ないですが、将来日常的に使うようになった場合は、主に使う人に掃除を任せたいです。

      掃除の手間と、いちいち2Fから1Fに降りる手間を比較すると、2Fにもあれば良いというわけでもないのかもしれませんね~。