この冬試す予定の、3つの電気代節約方法 | とりのマイホームブログ(・∀・)@一条工務店i-smart

この冬試す予定の、3つの電気代節約方法

こんにちは、とりです(・∀・)

昨日は、i-smartに住み始めてからこれまでに試した節電方法をご紹介しました。

こんにちは、とりです(・∀・) 一条工務店のアイスマートに住んでから、3度目の冬を迎えます。 i-smartといえば、全館床暖房...

今日は、この冬試す予定の新しい節電方法をご紹介したいと思います☆

ちなみに、うちは北海道電力の「ドリーム8」と「ホットタイム22ロング」という2つの契約で、床暖房でのみ使用するホットタイムの方が、電気代がかなり高額なため、節電のターゲットは床暖房に絞っています。

この冬試す予定の床暖房節約方法

タイマーを活用する

一条工務店の家の場合、床暖房のリモコンで「セーブ運転」というものが設定できると思います。指定した時間に、指定した分だけ温度設定を低くして稼働するというものですね。

しかし、我が家の床暖のリモコンにはそのような機能はありません・°・(ノД`)・°・

北海道で、床暖房がヒートポンプ式になる前に建てた方は、皆さんそうだと思います。今のヒートポンプ式になっている方は、セーブ運転機能があるようですね。

我が家のリモコンは、タイマーでON/OFFする機能しかありません。

床暖房は24時間つけっぱなしにするものだと営業さんに教えられていたため、これまでそのタイマーは使わず、手動で寝る前に温度を下げ、起きたら上げる、陽が入って温まったら下げる、というようなことをやっていました。

しかし、寝ている間はいっそのこと電源を切ってしまった方が節電になるのではないか?と思い、今シーズンはタイマーを活用してみることにしました。

タイマーの設定

我が家の床暖房リモコンは「CHOFU CMR-1402」という型番です。

1Fは、このように設定しています。
床暖房リモコン設定(1F)

「朝5時から夜10時まで稼働する」という設定ですね(・∀・)

朝起きる前について部屋を暖め、寝る前に切れるという感じです。

今は22℃設定にしています。寒い時は23度にします。

2Fはこちら。
床暖房リモコン設定(2F)

予約は2つまで設定することができ、二階は2つの予約を組み合わせています。

朝4時~7時までつけて、布団から出るのが辛くないように部屋を暖めます。

その後一旦切り、次は昼12時から夜23時までつけます。

2階は20℃設定で動かしています。

本当は午後の稼働時間をもっと減らしても良いのですが、二階で洗濯物を干しているので、あまり室温が下がると乾かなくて…。さらに、16時から21時までは、間欠運転になってしまうので、早めに動かしています。

これで24時間の内、1Fは7時間・2Fは10時間停止することになります。

※間欠運転についてはこちら↓

こんにちは、とりです(・∀・) 電気代報告が4月で止まったままでした(;´▽`A`` 2015年4月以前の電気代・太陽光発電につ...

タイマー設定のやり方

「設定切替」を1回押すと時刻変更なのですが、もう一回押すと「予約1」の時間設定ができます。開始時間と終了時間を、それぞれ△▽ボタンを押して指定します。

さらに設定切替ボタンを押すと、次は「予約2」の時間設定ができます。同じように指定して、設定切替ボタンを押すと、設定が終了します。

「設定切替」ボタン
1回目:時刻変更
2回目:「予約1」の開始時刻設定
3回目:「予約1」の終了時刻設定
4回目:「予約2」の開始時刻設定
5回目:「予約2」の終了時刻設定
6回目:設定終了

という感じです。

そして予約運転にするためには、「予約 入/切」ボタンを押します。一回押すと「予約1」、二回押すと「予約2」、3回押すと「予約1と2の両方」になります(・∀・)

タイマーを使った場合の懸念点

最初に営業さんから「床暖房は24時間つけっぱなしにしてください」と言われたのは、恐らく電源を切ってしまうと室温が下がり、それを再度温める方が電気代がかかるからという意味ですよね。

今回試しているタイマー設定、今はまだそれほど寒くないので良いですが、真冬の場合は逆効果になりかねません。

うちは太陽光のモニターで床暖の消費電力を見ることができないので、外の電気メーターをチェックしながら試していきたいと思います(;´▽`A“

また、寒冷地の場合は水道の凍結が心配ですが、数時間床暖房を切っただけで氷点下になることはないと思うので、大丈夫なハズ。。。

窓の気密性を高める

掃出し窓などの引違窓って、滑り出し窓などと比べると、どうしても気密性が劣ってしまいます。

滑り出し窓を閉めると、いかにもしっかりと密閉される感じがしますが、引違窓はそのような手ごたえがなく、気密性の低さを実感できます(;^_^A

そこで、今年は掃出し窓の気密性を高める対策をしてみたいと思います。

同じ北海道の一条ブロガーさんである、コスケさんのブログを参考にさせていただきますヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

どうもコスケです( ^ω^ )日曜日は色々と北海道の寒い冬に備えて冬支度をしていました。一条の家は気密性も高く、寒い外気の侵入も少ないので暖かいのですが、そんな高気密高断熱の家でも外気が入り込みやすい場所があります。我が家で開放感があるからと採用した北海道にしては大きめの掃き出し窓(パノラマウインド)です。この掃き出し...

プチプチとエアフォームを使って、掃出し窓のレールを埋めるというものですね(・∀・)

コストもそれほどかかりませんし、結露対策にもなるので、チャレンジしてみようと思います☆

土間の断熱性を高める

以前さすけさんが記事にされていましたが、土間の立ち上がり部分には断熱材が入っておらず、そこから冷たくなるだけでなく、結露も発生します。

こんにちは。さすけです。 一条工務店のi-smart&i-cubeの結露と言えばハニカムシェードを閉めた状態で…

ちなみに、北海道は土間にも床暖房が入っていますが、それでも断熱材は入っていません(>_<)

こんばんは。さすけです。 先に、「なぜi-smartの土間収納は結露するのか?土間収納がある方は要注意!?:こ…

玄関というのはドアの開閉があるのでどうしても寒くなりやすいですし、土間の断熱材が施工されていない部分からも寒くなりやすいです。

そこで、今シーズンは土間収納の断熱対策もやってみたいと思っています。

電気代が年々上がっているので苦しいですが、何とか工夫して、4万円以下に抑えたいところです。。。(多分無理ですが…)

対策後の記事はこちら!

こんにちは、とりです(・∀・) 今年も残すところあと二日!すでに太陽光パネルは完全に雪の下で、年内はもう発電が見込めません(・Θ・;)...
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コスケ より:

    こんにちは、コスケです(=゚ω゚)ノ
    ブログのご紹介ありがとうございますm(_ _)m

    掃き出し窓の気密性確保はそれなりに効果があったと感じています( ̄▽ ̄)
    手をレールに当てても冷たい感じがそれほど無いので、いくらかは光熱費削減になってると信じたいです(>_<)

    1階の温度設定22℃ですか(ノД`)
    うちは寒くてそれじゃあ家の中18℃位になりそうです・・・

    うちは夜間30℃(暖かい日28℃)、昼間24℃(暖かい日22℃)という設定でかなり快適に過ごせるのですが、当然ながら電気代が心配です(ノД`)

    • とり より:

      コスケさん、コメントありがとうございます☆

      コスケさんの気密性対策、さすがですよ~(^o^)
      レール部分に発泡スチロール的なものを挟むというのは考えていたのですが、コスケさんの対策の方がぴったりフィットするので効果が高そうですね♪

      22℃設定だと、実際寒い時は18℃くらいになっているので、うちより寒いコスケさんのお宅だと、厳しいですね(;´▽`A“
      30℃設定というのはやったことがありませんが、かなり温かそうですね!
      昼間の料金で24℃ということは…ドキドキですねΣ(゚д゚;)

      コスケさんの電気代報告記事、お待ちしております!