2年住んでみて、一条工務店のi-smartを建てて良かったと思うところ | とりのマイホームブログ(・∀・)@一条工務店i-smart

2年住んでみて、一条工務店のi-smartを建てて良かったと思うところ

こんにちは、とりです(・∀・)

我が家は来月、入居から2年を迎えます。

引き渡し後は色んなことがあって、家を建てて良かったなぁとしみじみ感じる余裕がなかったのですが、2年経ち、最近は「この家で良かったなぁ」と、しばしば思うことがあります(^^)

今日は、一条工務店のi-smartを建てて良かったなぁと思うところについて書いてみようと思います♪

やっぱり注文住宅は良いですね!

「家」というのは、色々な選択肢があります。

  • 賃貸 or 購入
  • マンションなどの集合住宅 or 一戸建て
  • 新築 or 中古
  • 新築一戸建てでも、建売 or 注文住宅

それぞれにメリット・デメリットがあります。

そんな中、我が家は「新築一戸建ての注文住宅」を選びました。

まぁ、一条の場合は色々と決められていて、厳密に言うと注文住宅ではないという意見もありますが、それはさておき(;´▽`A“

注文住宅の良いところ

建売だと、既にある家に住むわけですから、「住む人が、家に合わせて生活する」ことになります。

ところが注文住宅の場合は、「住む人に合わせて家を設計する」ことができます。

当たり前のことなのですが、これって思ってた以上に大事だなぁと感じています(*^_^*)

収納をたくさん用意できる

とりの場合、まず第一に収納を多くできたところです。

うちはモノが多いので、とにかくたくさん収納を作りました。おかげで、しまう場所のないモノはなく、非常にスッキリとした部屋になりました。(まぁ、普段は散らかってますが…)

一般的な建売住宅の収納だったら、恐らく全然足りず、収納家具などを買い足していたと思います。

そうすると、どんどん部屋が狭くなってしまうし、スッキリさも損なわれてしまいます(´・ω・`)

センス次第かもしれませんけどね☆

間取りを自分たちで決められる

土地や坪数の都合があるとは言え、やっぱり自分たちの生活スタイルに合わせた間取りというのは、住みやすいですね☆

とりの実家は狭くて、とにかく広い家に憧れていたので、広々としてスッキリした家を目指していました。

今、我が家で気に入っているのは、リビングとダイニングをスリットスライダーで仕切っているので、普段は開けておけば広々とした感じになりますし、来客でダイニングキッチンを見せたくない時は閉めて隠したり、ダイニングで焼き肉など臭いの強いものを食べるときは、スリットスライダーを閉めて、リビングに臭いがいかないようにできます(・∀・)

スリットスライダー

スリットスライダー

それから、リビングの隣には、小さな洋室を作りました。

3枚引き戸になっていて、普段は開けておくことで、広々とした空間にもなりますし、リビングに置きたくないようなものを置いておいて、隠すこともできます。

ホスクリーンをつけたので、洗濯物を干すこともできます。色々な使い方ができるので、まさに多目的室になっています(・∀・)

「もっとこうすればよかったな」という点もありますが、絶対に譲りたくないと思ったところ(1.25坪のお風呂、最大サイズの洗面台など)は妥協しなくて本当に良かったなぁと思っています。

なんというか、満ち足りた気持ちで過ごすことができますね♪

一条工務店のismartにして良かったところ

一条工務店の家と言えば、「高気密・高断熱」「全館床暖房」の、あったかい家!というのが売りだと思います。確かにその通りだし、床暖房は最高です♪

でも、とりがi-smartにして良かったなぁと思うのは、意外にも性能面ではなかったりします。

i-smartのデザインが好き

とりは、初めて一条工務店の展示場を訪れ、カタログを見た時に、i-smartにひとめぼれしました(/ω\)

一目見て気に入ったものというのは、いつまでたっても飽きないのですよね。

白を基調とした明るい家で、幅広のフローリングやスリットスライダー、鏡面仕上げの真っ白な住設。うちは床も建具もライトウォールナットにしましたが、これらが本当に気に入っています。

いくら好きなインテリアを揃えても、やっぱりフローリングや建具、キッチンなどの住設が気に入っていないと、物足りなく感じそうです。

そういう意味では、たまたまi-smartがとりの好みのツボをついていたというだけなのですけどね。

でも、家づくりを始めるにあたって、「大容量太陽光発電」と「床暖房」、そして維持費のかからない家という視点でハウスメーカーを探していましたが、それにピッタリ一致したのがi-smartだったというのは、とても幸せなことかもしれません☆

収納や住設が好き

一条オリジナルの「トータルシステムクローゼット」は、個人的にはとても使いやすいと思っています。

クローゼットについての詳細は、過去記事(旧ブログ)をご参照ください(・∀・)
第7回打ち合わせ ~クローゼットの種類~

整理整頓が苦手なとりですが、棚やカゴがたくさんあるので、それなりにきれいに収納することができています。

そして、キッチンやカップボードも気に入っています☆

本当は他社のものでもっと使いやすそうなものもたくさんあるのですが、i-smartのキッチンやカップボードでも十分使いやすいと思います。何より見た目が、やっぱり好きです♪

洗面台(リュクスドレッサー)は、一番大きいタイプを選びましたが、すごく豪華な感じがしますし、清潔感もあります。

洗面台

洗面台

もちろん収納はたっぷりで、まだスカスカです(^o^;

残念ながら、上の方は位置が高くて使えていません、、、

お風呂はi-smartのスマートバスではなく、i-クオリティのお風呂ですが、自宅にいながら温泉に来ている気分が味わえて好きです。

2年住んで馴染んだという面もあるかもしれませんが、やっぱり最初にピンと来ただけあって、今でもしみじみと「i-smartって良いよね~」と感じています。

性能は素晴らしい…と思う…

さて、先ほども書いたように、一条工務店と言えば「家は性能」で、多くの方が「高気密高断熱で全館床暖房・一年中ポカポカ温かい家」というのが、一条の家のイメージだと思います。

しかし、我が家は北海道。寒いし雪も多いです。

窓は結露しますし、北海道電力の電気代の高さの影響もあり、光熱費を考えると、なかなか「ポカポカ温かい家」まで温めることができません・°・(ノД`)・°・

電気代が7万8万かかっても家中あったかいのが良い!という場合は、素晴らしく快適に過ごせると思います。

我が家のように、少しでも光熱費を節約したいという場合は、他の一条ブロガーの皆さんが言うほどは快適に過ごせないかも…

ただ、うちの窓はペアガラスだし、床暖房もヒートポンプではありません。

うちより少し後に建った家は、トリプルガラスでヒートポンプ式床暖房、地中熱回収型ロスガード。

なので、光熱費をそれほど気にしなくても、「ポカポカ温かい家」にすることができそうです♪

で、我が家は冬でも「ポカポカ温かい家」なわけではなく、薄着で過ごすこともできませんが、その代わり真冬でも「寒くない」家になっています(・∀・)

朝起きた時や、外から帰ってきた時に、震えながらストーブを点火して温まるのを待たなくても、家の中は常に「ほんのり」寒くない程度に保たれています。

そして、ストーブやエアコンみたいに、足元が冷えて顔が火照るようなこともありません。

全館床暖房で、廊下やトイレ、お風呂まで床暖房が入っているので、リビングは暖かいけれどトイレは寒い、というようなこともありません。

家の中に温度差が無いというのは、大変快適で、心臓への負担も軽くなると思います☆
なので、やはり全館床暖房は素晴らしいと思いますし、それができるのは一条工務店の家の性能の高さだと思います。

高気密高断熱住宅じゃないと、全館床暖房ではとんでもない光熱費になったり、部屋が暖かくなかったりしますからね。

家を建てて一番良かった点

さて、注文住宅だとかi-smartだとかを抜きにして、家を建てて一番良かったところがあります。

それは「騒音トラブルからの解放」です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

以前住んでいたアパートでは、上の階の物音がうるさかったですし、こちらが何か落としたりして大きな音を立ててしまった時は、床(うちからすると天井)を叩かれました。

だから、なるべく音をたてないように生活していましたが、それがものすごいストレスになっていました。

でも、一戸建てに引っ越してからはストレスフリー♪

アパートでは隣にどんな人が住んでいるかもよくわからないような希薄な付き合いですが、一戸建てだと隣近所の方と挨拶する機会も多く、なんとなくどんな人が住んでいるかもわかります。

ずっと住む家なので、下手できないというのもありますが、それはお互い様なので、安心して気持ちよく生活できています(^^)

税金とかローンとかありますが、やっぱりこの家を建てて良かったなぁと思います(^O^)/

関連記事はこちら。

こんにちは、とりです(・∀・) おかげ様で当ブログは4周年を迎えることができましたヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ 2012年12...
こんにちは、とりです(・∀・) 昨年末に2年点検がありました。 いくつか補修していただけることになったものの、窓の交換など冬にや...
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しろはな より:

    うちもマンション時代は騒音トラブルはなかったですが、オットは夜中帰りも多いし、やはり気遣いが多いというか……戸建は贅沢と思っていましたが、今は帰ってきても普通に過ごせるし、時間帯を余り気にせずシャワーしたりできるし、その点はすごく良かったと感じています。
    どこにポイントを置くかだけど、うちはこの点だけでも建ててよかったのかなあと思っています!

    • とり より:

      しろはなさん、コメントありがとうございます☆

      いや~本当そう思います(*^_^*)
      そういった気遣いって結構ストレスたまりますよね。
      男性は普通に歩いても結構音がしてしまうので、夜中に夫が足音たてて歩くのにやきもきしたり。。。
      お子さんがいらっしゃると、なおさら気を遣いますよね。

      やっぱり戸建は良いです~♪

  2. コスケ より:

    いや〜わかります〜!
    私もi-smartのライトウォールナットが好きなので、それに高気密高断熱でやられました( ̄▽ ̄)

    北海道は光熱費悩ましいですよね。
    ペアガラスのとりさんの家でも、断熱性や気密性は最新の普通の家よりかなり良いと思います。

    それを考えれば一条じゃなければもっと光熱費もかかったいたと思うと恐ろしいです((((;゚Д゚)))))))

    私もi-smartにして良かったなぁと思って居ます( ^ω^ )

    • とり より:

      コスケさん、コメントありがとうございます☆

      i-smartのライトウォールナットは最高ですよね!!
      他では同じようなものは見たことがないです。
      ホワイトやグレーも好きなのですけどね(*^_^*)
      「デザイン or 性能」ではなく、両方とも妥協せずに済んだのが良かったです(^^)v

      確かに最新の普通の家よりはすごく良いですね!
      性能だけを追い求めれば他にも良い会社はありますが、一条はコスパが良いですよね♪

      高断熱高気密住宅でなければ、多分リビングだけ温めるとかになっていたのかなぁと思います。
      それでももっと光熱費がかかるかもしれないですね。。。
      特にパネルヒーターのお宅は大変そう(>_<)

      2年住んでようやく、一条のi-smartで良かったなと思えた気がします☆

  3. つぶつぶ☆ より:

    良いところ~☆を感じることができて良かったです~( ´ω`)
    色々とあったから….と考えると、ほんと良かったなぁと思いました。
    そして良いなと思うところがあるわけなので、
    ぜひ改善してほしいな、とも思いますよね。

    やっぱり「暖かい(∩´∀`)∩」って感じるくらいに設定するとなると、
    それくらいの金額になってしまうのですか~
    …て、昨年でしたかね、、、それを聞いて驚いたのは。。
    寒さの度合いが北海道では違うんだなぁ..って思いましたよ~
    でも、暖かい☆とまではいかなくても、寒くないんですよね!
    我が家もそんな感じですよ~
    めっちゃほっかほかに温めてはいないと思います、
    ほんわかふんわり暖かいレベルといいましょうか。
    それでも充分過ごしやすいものですよね(*゚v゚*)
    関東より西の方よりも実感していると思っています(笑)

    うちも以前住んでいたマンションでは騒音で悩まされていたので、
    一軒家で過ごせて何がいいって、自分ち以外の音がしないことです( ´ω`)
    自分にとっては本当に大きなことでした~
    やっぱり一軒家….いいですよねぇ(しみじみ。。。)

    • とり より:

      つぶつぶ☆さん、コメントありがとうございます♪

      そうなのです。。。
      正直、引渡しの日はあまり嬉しくなかったですし、その後も「他のところで建てれば良かったのかな」とか「家なんか建てなきゃよかったのかな」と思ったことはありました。

      でも時間が経ち、i-smartに住むことが当たり前になった今、しみじみと「i-smart良いなぁ」と思えているのは、やはり一条工務店の商品の良さと、家づくりに全力投球したからなのでしょうね。

      入居当初は室温が22℃くらいになるように設定していましたが、その時は電気代が4万を超えました…
      今はその時より、床暖の電気代が1kWにつき4円くらい上がっているので、同じレベルにすると5万くらいですかね。
      で、当時でも5万超えたという声をよく聞いていたので、同程度で使用した場合、今なら6万は軽く超えるでしょう。。。

      昨冬は、7~8万とか10万という話も聞きました。
      北海道はもともと暖房をガンガン焚く家が多かったので、その感覚で行くと10万くらい行く家があってもおかしくはないかもです。
      まぁ、そういう方はたとえオール電化の床暖房でなくても、かなりの光熱費がかかっていると思いますけどね(((^^;

      つぶ子さんも騒音でお悩みだったのですね(´・ω・`)
      自宅にいて他人の気配を感じないのは良いですよね♪
      とりにとっても、本当に大きなことでした(^^)v