冬の節電対策!i-smartに住んでからこれまで試した節電方法まとめ

こんにちは、とりです(・∀・)

一条工務店のアイスマートに住んでから、3度目の冬を迎えます。
i-smartといえば、全館床暖房で冬でもポッカポカ☆
…なのですが、寒い&電気代がやたら高い北海道では、あまり暖かくすると電気代が大変なことにΣ(゚д゚;)

そのため、これまで色々な節電方法を試してきました。
今日はその節電方法と、この冬に試す予定の節電方法をご紹介します。

これまで試した節電方法

ハニカムシェードを活用する

i-smartでは標準で全窓についてくる「ハニカムシェード」。
これを閉めることによって、窓から入ってくる冷気を防ぐことができます。

しかし、全部閉めると窓が結露してしまいます。。。
これは我が家のようなペアガラスの家だけでなく、トリプルガラスの家でも発生しているそうです。
営業さんには、ハニカムを少し開けておけば大丈夫だと言われていましたが、入居一年目は結露がかなりひどくて、ハニカムを10cm以上開けていても結露が発生していました。

それに、せっかくハニカムがついているのに、下の方から冷気が入ってきてしまうのはもったいないですよね(;^_^A

でも、2年目になると結露が発生しにくくなりました。
監督さんの話によると、冬に引渡しの家は結露しやすいが、2年目以降は木の水分が放出されて、結露しにくくなるとのこと。

そのため、2年目からはハニカムシェードを全部閉めることにしました。
さらに、天気が悪い時は昼間でも閉めます。

太陽のパワーは偉大で、太陽光が窓から入ってくると、部屋をかなり暖めてくれますが、太陽が出ていない時にハニカムを開けておくと、外が氷点下の時は室温が下がってしまいます。。。

なので、太陽の光が入ってくる窓だけハニカムを開け、太陽光が入らなくなったらすぐに閉めるようにしています。

ちなみに、今はまだ湿度が40%近くあるので、冷え込むと結露が発生します(´・ω・`)
湿度が30%くらいまで下がってくれば、結露はほとんどしなくなると思います。

DIYで床暖ボイラーの保温対策をする

我が家の床暖房のボイラーは、階段下収納の中にあります。
そして、床暖房稼働中は、階段下収納の中がかなり暖かくなります。

でも収納の中を温める必要はないですし、ボイラーから熱が逃げるのはもったいない…
ということで、ボイラーからの熱損失を減らすため、DIYを行いましたヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
床暖ボイラー

ホームセンターで買ってきた梱包材(?)で、パイプをぐるぐる巻きにしてあります。
これで、階段下収納内の温度がかなり下がりました!
(と言っても、普通の部屋よりは暖かいです)
これで電気代も節約できているといいなぁ。

DIYで気密性をさらに高める

一条工務店の家は気密性が非常に高く、我が家も「C値0.46」という、なかなかの性能です♪
しかし高気密住宅であるがゆえ(?)わずかな隙間があると、換気扇を回した時にそこから冷気が入ってきます。

その内の1つが、スイッチやコンセントですΣ(・ω・ノ)ノ!
スイッチやコンセントをつけるために、石膏ボードには穴が開いています。
特に外壁に面した場所は、冷気が入ってきやすいです。

そこで、その隙間を埋めるために、夫がDIYを行いました。
※電気工事士の資格が必要です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください(・ω・)/
気密性をさらに高めるDIY|とりの家づくりブログ(・∀・)

換気扇をなるべくつけない

一条工務店の家には「ロスガード」という換気システムが設置されています。
24時間窓を開けなくても換気してくれて、しかもフィルターを通すので、きれいな空気が家の中を循環するというもの。
しかもロスガードを通すことによって、外の冷たい空気が温められて室内に入ってくるので、光熱費の節約にもなります。

ところが、キッチンやお風呂の換気扇をつけると、ロスガードを通さず、冷たい空気がそのまま室内に入ってきます。
そのため、換気扇をつければつけるほど、部屋の中が寒くなってしまいます(>_<)

入居当初はそのことに気づいておらず、お風呂の換気扇をずっとつけっぱなしにしていたのですが、今は冬はほとんどつけないようにしています。
冬は乾燥していますから、お風呂のドアを開けておくだけで乾きますし(お風呂の水切りをしているというのもありますが)、加湿器の代わりにもなるので一石二鳥です(・∀・)

また、キッチンのレンジフードも「強」をつけると、冷たい空気が入ってくるのがすぐにわかりますΣ(・ω・ノ)ノ!
「強」を使うのは必要最小限に抑えています。

レンジフードを動かすための電気代もそうですが、床暖の電気代も大きく変わってくるポイントだと思います。

換気扇の吸気口をロックする

換気扇の吸気口は、図面上で「差圧感応式」と書かれているものです。
キッチンの換気扇をつけると、ここから外の空気が入ってきます。
でも、換気扇をつけていない時でも、わずかながら冷気が入ってくるのですよね。

そこで、普段はこの吸気口をロックしています。
「強風時以外はロックしないでください」と書いてありますけどね(;´▽`A“

ただ、換気扇を使う時はロックを解除しないと、油を含んだ空気を吸う力が弱くなってしまうので、ご注意ください(・ω・)/

使っていない部屋の床を保温する

床暖房は、床下にあるパイプを通っている温水の温度が下がると、動き始めます。
ということは、床が冷えにくければ電気代が節約できます。

そこで、普段使っていない子供部屋は、このような(↓)アルミの断熱シートや段ボールを床に敷いています(;´▽`A“
見栄えはアレですが…

部屋は寒くなるので、普段使う部屋には使えない方法です。

本来なら、使っていない部屋は、床暖の温水の元栓を閉めれば良いのですが、うちの場合ちょうど子供部屋にサーミスタ(床暖の温度センサー)があるので、元栓を閉めることができません(´・ω・`)

でも今は細かくゾーン分けができるそうなので、しばらく使わない or たまにしか使わない部屋は、そこだけ独立したゾーンにしておくと良さそうですね。

掃出し窓の下にマットを敷く

上記と同じ理由で、冷気が入ってきやすい掃出し窓の下に、ジョイントマット(パズルマット)を敷いています。

うちは夫が結婚前から使っていた普通のを使っていますが、見栄えを重視するなら、こういう木目調のものとか良いかもしれませんね。

見栄えを気にしないなら、このような断熱性能の高いものも良さそうです。

ちなみにうちの窓は、大きいタイプの2枚の引違い窓(J8371N)です。
図面で言うと、2.5マスですね。
30cm × 30cmのマット7~8枚あれば足ります☆

給湯器の沸き上げ設定を70℃にする

我が家の温水器はエコキュートではなく、サンポットの電気温水器ですが、デフォルトでは沸き上げ設定が90℃になっています。
これを説明書に従って70℃にすると、結構電気代の節約になりました。

ただし、温水器内のお湯を使う量が増えるので、人数の多いご家庭ではお湯が足りなくなるかも…
うちは基本シャワーであまりお湯を使わない家庭だから効果が出たのかもしれません。
試す場合はお気を付け下さいませm(_ _)m

給湯温度を下げる

お湯の温度、入居時は38℃にしていたのですが、今は35℃で使っています。
お風呂の給湯は41℃・シャワーは40℃と、普通ですかね(・∀・)

やらなくなった節電対策

入居当初は、洗濯やアイロンなどは深夜電力になる22時以降にやっていました。
でもそうすると、寝るのが遅くなってしまって大変なのですよね(;^_^A

それに、案外効果が薄いのでやめました。
ワットチェッカーで調べてみたのですが、洗濯機はそれほど電気使わないですね。
アイロンも、長時間使うわけではないですし…

あと、夜に洗濯物を干すと結露がひどくなるので、除湿機を併用していました。
でも、結露が少なくなる2年目以降は、昼間に干せば除湿機を使わなくても大丈夫だということがわかったので、我が家の場合はむしろ昼に洗濯をした方が節電になりそうです。

食洗機と除湿機は、今はもうたまにしか使っていませんが、使う時は深夜時間帯にしています。
食洗機は乾燥に電気を使うようなので、乾燥機能は使わずに、洗い終わったら開けて自然乾燥させています。

次の記事では、この冬新たに試す予定の節電対策についてご紹介します(^O^)/

この冬試す予定の、3つの電気代節約方法
こんにちは、とりです(・∀・) 昨日は、i-smartに住み始めてからこれまでに試した節電方法をご紹介しました。 今日は、こ...
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コスケ より:

    こんにちは、コスケです!

    ボイラー配管の保温までやっているのですね!
    いや〜、これは真似させてもらおう( ̄▽ ̄)

    我が家は小さな熱交換器の置いてある場所?があって、そこの中が以上に暖かいので、パイプに断熱材やら何かを巻き付けてみようと思います(=゚ω゚)

    後はコンセントはできませんが他は大体うちもやってますかね〜
    掃き出し窓の下はリビングなので見た目がちょっと気になっちゃいますが、試しにやってみようかな(>_<)

    換気扇は私もめちゃくちゃ気を遣ってますε-(´∀`; )
    直接入ってくる空気はかなり冷たいですからね・・・

    一応入ってきても最小限になるように配置は工夫しましたが・・・
    でも光熱費に確実に影響しますよね〜

    部屋の保温はうちの場合元栓閉めれば良さそうなのでそっちで対応しようと思います( ̄▽ ̄)

    • とり より:

      コスケさん、コメントありがとうございます☆

      ボイラー配管の保温はすぐできるので、ぜひ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
      でも実際、どれくらい効果があるのですかね~。

      掃出し窓のところは、コスケさん家のリビングだと目立っちゃいますね(´・ω・`)
      うちはソファがあるので、ほとんど隠れているのですよ。
      見栄えを重視するなら、キッチンマットなんかも良いかもしれないですね☆

      換気扇はインパクト大きいですよね!
      つけた瞬間「寒っ!」ってなるくらいですものね~。
      でも最初からそれを考えて設計されていたとはΣ(゚д゚;)
      コスケさんすごすぎます。。。

      部屋の保温は、元栓閉めれるのが一番手っ取り早く効果的ですよね☆
      設計時から元栓を閉める話をしていたはずなのですが、図面にはサーミスタなんて載ってないですもんね・・・
      誤算でした・°・(ノД`)・°・