【電気代報告@北海道電力】2015年5月~10月。春・夏・秋は安いです。

こんにちは、とりです(・∀・)

電気代報告が4月で止まったままでした(;´▽`A“
2015年4月以前の電気代・太陽光発電についてはこちらをご参照ください。(旧ブログ)
【買電&売電報告】2015年4月 あと気になったこと

5月から10月までの電気代についてご報告します☆

北海道電力の電気料金プランについて

新ブログに移行して初めての電気代報告なので、初めに「ほくでん」の電気料金プランについてご説明します。

とり家の電気料金プラン

我が家は、「ドリーム8」と「ホットタイム22ロング」、そして「定額電灯」という3つの料金プランを併用しています。
ちなみに、オール電化です。

ドリーム8

1日を昼間時間と夜間時間に分け、夜間は電気料金が割安になるプランです。
夜間時間は、22~6時・23~7時・0時~8時の3パターンから選べ、うちは「22~6時」を選択しています(・∀・)

料金単価は、以下の通りです。(2015年11月現在)

昼間 ~90kWh 28.08円
91kWh~210kWh 35.66円
211kWh~ 40.10円
夜間 14.13円

昼間は、たくさん使うと単価が上がっていきます。

床暖房以外の、給湯や調理など全てこのプラン内で使用しています。

ホットタイム22ロング

本来は融雪用の電気料金プランなのですが、暖房でも使用できます。
我が家では、床暖房に使用しています。

「最低使用期間」というものが決まっており、10月の検針日から4月の検針日までは、一切使わなくても基本料金(高い…)が発生します。
それ以外の月は、使わなければ基本料金も0円になります。
使った場合、単価は同じですが、基本料金は半額になります。

料金単価は1kWあたり15.40円!!

他の電力会社では、深夜料金が概ね10円~13円程度のようですので、結構なお値段です(´・ω・`)
北海道と言う土地柄、暖房の使用量はどうしても大きくなってしまうので、かなりイタイです(ToT)

ただし、時間帯に関係なく同一単価で使用できるのはメリットだと思います♪
寝ている間に床暖房の設定温度を下げ、節約することができますし、昼間も遠慮なく使用できます。

そして、このプランの注意点は、16時~21時の間に、「通電遮断時間」というものがある点です。

我が家の場合だと、16:30~16:45は遮断、16:45~17:00は通電というように、トータルで2時間の遮断時間が発生します。
そのため、夕方から床暖の設定温度を上げても、なかなか部屋が温まらなかったりします(ノ_・。)

定額電灯

これは、太陽光発電のパワーコンディショナー専用のものです。
大体毎月600円ちょっとかかっています。
この部分は、太陽光発電の経費として計上することができます。

北海道で最近新築した場合の電気料金プラン

ちなみに、ヒートポンプ機器を使用している家庭向けに「eタイム3」というプランもあります。
一条工務店で建築された方ですと、うちより少し後・エコキュート&ヒートポンプ式床暖房が採用されいてる場合に、この「eタイム3」が適用されていると思います。

このプラン、昼間は大分割高なのですが、ホットタイムのように基本料金が別途かからず、トータルで見ると割安になるそうです。
夏は高くなりがちですが、冬に恩恵を受けることができるようです。

ちなみに、現在は「eタイム3」の新規受付は終了しているみたいですね。
今後はどんな料金プランになるのでしょうね~(・∀・)

電気代報告

5~10月は、ホットタイム22ロングの最低使用期間外のため使用しなかったので、ドリーム8のみご報告します。

2015年5月の電気代

<使用量>
昼間:約120kWh
夜間:約310kWh

<電気代>
約9,700円

北海道の5月は、まだ気温は低く、温水器でお湯を沸かすのに結構電気を使います。
それでも1万円を切るのはうれしいですね☆

ただ、昨年同月よりも50kWhほど節約したのに、支払う電気代は上がっているのが悲しいところです(x_x;)
北電は、2014年11月と2015年4月に値上げしました。
(正確に言うと、激変緩和措置のため2段階になった)

2015年6月の電気代

<使用量>
昼間:約105kWh
夜間:約245kWh

<電気代>
約8,000円

大分暖かくなり、暖房も冷房も使わずでした。

2015年7月の電気代

<使用量>
昼間:約100kWh
夜間:約225kWh

<電気代>
約7,600円

7月の中旬~下旬は、確かエアコンを少し使ったと思います。
でも、エアコンを使っても電気代はほとんどかかっていません(^^)
一条工務店の高気密・高断熱住宅のおかげで、エアコンをつけたらすぐに室温が下がり、涼しさがキープされるためだと思います。

夜間の電気使用量が6月より少ないのは、気温が上がってお湯を作るのにそれほど電気を使わなくて済むようになったからですね。

2015年8月の電気代

<使用量>
昼間:約120kWh
夜間:約220kWh

<電気代>
約8,300円

いくら北海道といえども、7月末~8月上旬は結構暑くて、この期間の半分くらいはエアコンを使っていたと思います。
そのため、7月より高くなりました。
それでもこのくらいの金額で済むのはありがたいです♪

2015年9月の電気代

<使用量>
昼間:約100kWh
夜間:約210kWh

<電気代>
約7,400円

今年の9月は例年に比べると暖かかった気がします。
1年間の中で最安値となりました☆

2015年10月の電気代

<使用量>
昼間:約120kWh
夜間:約240kWh

<電気代>
約8,700円

10月になると、大分寒くなります。
しかしまだホットタイムの最低使用期間が始まっていないため、床暖房を稼働するよりエアコンを使った方がお得です。
という訳で、寒い日はエアコンを使いましたが、たまに使う程度でした。

気温が下がると、給湯器のお湯を沸かす、夜間の電気使用量も多くなってしまいますね。

それでも、床暖房を使わない季節は、光熱費が1万円以下なので、安い方なのかな~と思います♪

問題は、床暖房の電気代です。。。
昨冬は暖かかったため、MAXで43,000円くらいでした。(ドリーム8+ホットタイム22ロング)

今年はどうなることやら…( ̄_ ̄ i)

10月は意外と暖かかったので、10月の検針日の数日後に床暖を稼働しました。
検針結果がわかったら、またご報告します(^O^)/

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コスケ より:

    こんにちは、コスケです( ´ ▽ ` )ノ

    夏の電気代安いですね!
    我が家はもっと涼しいハズなんですが、この期間1万円前後をウロウロという感じだったので、やはりeタイム3は夏は高いです(ノД`)

    月2000円平均で高くなっていれば、暖房の必要ない期間で12000円は高くなっていますね。

    果たしてその分冬安くなるのか・・・
    プランのおかげというよりもヒートポンプのおかげで安くはなるかもしれませんが、そのメンテナンス費用がかかるので微妙そうです・・・

    • とり より:

      コスケさん、こんにちは☆
      コメントありがとうございます(^o^)/

      確かに、eタイム3が安いというよりは、ヒートポンプのおかげで安くなっているのですかねぇ。
      ということはもしや、ヒートポンプでもホットタイムとドリーム8にした方が安くなったりするのでしょうかΣ(・ω・ノ)ノ!
      でもそれなら、eタイム3を勧めるわけないですよね…多分。。。
      暖房のない期間の12000円の差は、真冬の一か月でペイできるのではないかと予想しているのですが、果たして???

      ヒートポンプのメンテ費用も気になりますね。
      電気温水器は、このままエコキュートにしなくても良い気がしてきました(・∀・)

      とにかく床暖をなんとかしたいですね~(;´▽`A“